レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【めんたいチューブで美味しくかわいく♡寿司ケーキ】

主食

【めんたいチューブで美味しくかわいく♡寿司ケーキ】
  • 投稿日2021/05/06

  • 調理時間30(炊飯時間を除く)

【お祝いに♡おいしいかわいい♡寿司ケーキ】 やまや「めんたいチューブ」を使ってデコレーション♡ペーストタイプなので口金をつけてきゅっと絞れば、ケーキみたいに飾れます。 具材は明太子によく合ういか、スモークサーモンがメイン。めんたいチューブのうま味、ぷちぷち食感とマッチして、こどもも大人も嬉しい味に仕上がっています。

材料4人分15cm丸型1台分

  • 酢飯
    2合分(690g)
  • スモークサーモン
    50g
  • めんたいチューブ(梅昆布めんたい味)
    大さじ3
  • 大葉(せん切り)
    7枚
  • 錦糸卵
    20g
  • いか(刺身用)
    30g
  • めんたいチューブ(からしめんたい味)
    適量
  • めんたいチューブ(クリームチーズめんたい味)
    適量
  • いくら
    適量
  • わさビーズ
    適量(なくても可)
  • ベビーリーフ
    適量

作り方

ポイント

▼ケーキの型について… 5号を使用しています。(直径15cm 高さ6cm) 底が取り外せる型をご使用ください。 ▼酢飯について… 炊きたてのごはん2合に対し、「酢(50ml)、砂糖(小さじ4)、塩(小さじ1)、うま味調味料(4振り)を混ぜたものと合わせています。市販のすし酢でも良いです。 ▼錦糸卵について… よく溶いた卵を濾し、塩とあわせて弱火で焼いたものをせん切りにしています。分量:「卵(Mサイズ1個)、塩(ひとつまみ)」市販の錦糸卵でも良いです。 ▼口金をとめる紙製テープについて… しっかりとまり、剥がしやすいのでサージカルテープがおすすめです。マスキングテープは少し粘着力が弱いようなので、しっかり貼り付けて輪ゴムできつく括ってください。 #やまやタイアップ

  • 酢飯は重さをはかり、3等分にする。

  • 1

    ケーキ型に酢飯1/3を均等に敷き詰め、ヘラ等でしっかり押して平らにする。

    工程写真
  • 2

    1の上にできるだけ隙間ができないように、スモークサーモンを敷き詰める。 ※特に外側に隙間がないように敷きます。

    工程写真
  • 3

    2の上に酢飯1/3を工程1と同じように均等に敷き詰め、めんたいチューブ(梅昆布めんたい味)をヘラ等を使って塗り広げる。

    工程写真
  • 4

    大葉(せん切り)を外側に1周するように敷き、その上に残りの酢飯を工程1と同じように敷き詰める。

    工程写真
  • 5

    4の上に皿を置いて型ごと裏返し、枠を真っ直ぐ上に向かって引き抜く。 次に底をゆっくり取り外す。

    工程写真
  • 6

    錦糸卵を表面全体に散らす。 細切りにしたいか(刺身用)で花びらのような輪を作り、繋ぎ目を内側にして5の中央に1本ずつ丸く並べて花の形にする。

    工程写真
  • 7

    めんたいチューブ(からしめんたい味)とめんたいチューブ(クリームチーズめんたい味)のふたをそれぞれ開け、星口金を被せて紙製のテープでしっかり固定し、外れないように輪ゴムで縛って更に固定する。

    工程写真
  • 8

    7のめんたいチューブ2種類の絞り口を垂直にし、6の外側に1周するように交互に絞る。

    工程写真
  • 9

    いかで作った花の中央にいくらを飾り、わさビーズを花びらの間に置く。 寿司ケーキの周りにベビーリーフを敷いて飾る。

    工程写真
レシピID

408852

「いか」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

寿司ケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

株式会社やまやコミュニケーションズレシピ
「料理家」という働き方 Artist History