レシピサイトNadia

    シーフードのフライパンパエリア

    主食

    シーフードのフライパンパエリア

    お気に入り

    1103

    • 投稿日2015/12/21

    • 調理時間40

    フライパンでも美味しく炊き上げるコツを盛り込んだフライパンパエリアシリーズ。人気の漁師風パエリアは、華やかトッピングでパーティーにもピッタリです。

    材料2人分

    • えび
      4尾
    • アサリ
      100g
    • タマネギ
      1/2個
    • ニンニク
      1片
    • 1カップ(180g)
    • A
      250cc
    • A
      小さじ1/2
    • A
      サフラン
      1つまみ(0.1g)
    • オリーブオイル
      大さじ2
    • クレソン・ミニトマト
      適宜

    作り方

    ポイント

    フライパンパエリアのポイントは「煮詰めてから炊く」こと。炊きムラ&米ぬか臭さを防ぐことができます。

    • サフランが、少量で美しく色づいてくれるひと手間。 アルミ箔で包み、150℃に熱したオーブン(またはトースター)で「30秒ロースト」。(焦げやすいの焼きすぎに注意) 乳鉢で粉末状にします。乳鉢がなければアルミ箔に包んだまま両手でもんで細かく粉砕してもOKです。

      工程写真
    • 1

      フライパンにオリーブオイル・えびを加え、焼き色をつけて一旦取り出します。 ここはエビに火を通すというより、エビ殻の旨みをオイルにうつすイメージで。

      工程写真
    • 2

      ニンニク・タマネギをみじん切りにします。 1で残ったオイルにを加え、しんなりするまで炒めます。

      工程写真
    • 3

      米を加えて炒めあわせます。 乾燥した米は最初の水分を一気に吸い込むので、洗わず加えるとだしを効率よく含ませることができます。 気になる方は無洗米を使ってもOK。

      工程写真
    • 4

      A 水250cc、塩小さじ1/2、サフラン1つまみ(0.1g)を加え、沸騰したら中火にします。 内側と外側を入れ替えるようにゆっくり混ぜながら、3~5分煮詰めます。

      工程写真
    • 5

      スープが半分くらいまで煮詰まり、フライパンの底が見えるようになったら炊き始めの合図。 1・アサリをのせ、蓋をして弱火で15~18分炊きます。

      工程写真
    • 6

      蓋をはずして1分間中火で加熱し、余計な水分を飛ばします。 お好みで、クレソン・ミニトマトをトッピングして華やかに仕上げます。

      工程写真
    レシピID

    134032

    このレシピが入っているArtist献立

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    加瀬 まなみ
    Artist

    加瀬 まなみ

    埼玉県熊谷市出身。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。 全国タパス選手権 2018年 3位入賞。 著書:フライパンひとつでできる絶品パエリア(TATSUMI MOOK)、5分でできた!シリーズ 全7冊(角川SSC)、2stepレシピお米でつくるたのしいごはん(東京地図出版)、月刊いちばんやさしいスペイン料理(miilマガジン)ほか

    「料理家」という働き方 Artist History