Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. *豆もやしとカニカマのやみつきごま和え*

    *豆もやしとカニカマのやみつきごま和え* 24秒前

    104人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. *ちくわと豚バラの甘辛バター醤油炒め*

    *ちくわと豚バラの甘辛バター醤油炒め* 41秒前

    109人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. シャキふわ♪豆腐蓮根の鶏つくね

    シャキふわ♪豆腐蓮根の鶏つくね 2分前

    265人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. *豚バラきゃべつのとろーり旨塩煮*

    *豚バラきゃべつのとろーり旨塩煮* 2分前

    329人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 豚こまと玉ねぎの甘辛煮【#作り置き#煮るだけ#丼にしても】

    豚こまと玉ねぎの甘辛煮【#作り置き#煮るだけ#丼にしても】 4分前

    142人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

焼きれんこんとアスパラのたらこ海苔和え

10
野菜のおかずの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2017.02.22

分類副菜

調理時間: 10分

ID146694

増田陽子

こどもと食べる食育レシピ

焼いて旨みが凝縮した野菜を和えるだけ。簡単な和え物です。

野菜のおかず フライパン もう一品のおかず・小鉢 あえもの れんこん アスパラガス 焼きもの たらこ 簡単 子供 和食 シニア 野菜

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
れんこん 100g
アスパラ 4〜5本
たらこ 10g
海苔 全形1/2枚
少々
作り方
Point!
野菜は焼き目が付くまで動かさず、じっくり焼きます。
  1. れんこんは皮をむいて縦半分に切ってから5mm幅に切る。アスパラは根元を落とし、4等分に切る。
  2. フライパンを中火で熱し、れんこん、アスパラを並べて焼く。焼き目が付いたら裏返し、火が通るまで焼く。軽く塩を振る。
  3. ボウルに2を入れ、たらこをほぐし入れて和えたら、海苔をちぎって入れる。
8 56
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】うま味でおいしく減塩!健康的な食生活を叶えよう!
    うま味でおいしく減塩!健康的な食生活を叶えよう! この特集を読む
  2. PR 【PR】火を使わないでできちゃう!リュウジさんによるバズレシピ!
    火を使わないでできちゃう!リュウジさんによるバズレシピ! この特集を読む
  3. PR 【PR】実りの秋を感じるフルムーンパーティー
    実りの秋を感じるフルムーンパーティー この特集を読む
  4. PR 【PR】バラバラにならない磯辺揚げ!いなば食品のコーン大量活用術
    バラバラにならない磯辺揚げ!いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  5. PR 【PR】手軽に本格カレーを!チーズで美味しいアスリートごはん
    手軽に本格カレーを!チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  6. PR 【PR】 具材の下ごしらえもレンチンでらくちん!「きのこバーグ」
    具材の下ごしらえもレンチンでらくちん!「きのこバーグ」 この特集を読む
  7. PR 【PR】 おうちでバル風♪「タコとジャガイモのパプリカ煮」
    おうちでバル風♪「タコとジャガイモのパプリカ煮」 この特集を読む
  8. PR 【PR】BRUNO crassy+で濃厚なめらかスムージー♪
    BRUNO crassy+で濃厚なめらかスムージー♪ この特集を読む
  9. 【編集部特集】華やか&毎日の簡単弁当レシピ
    【編集部特集】華やか&毎日の簡単弁当レシピ この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×巻き寿司 (28) 子供×昆布茶 (14) フライパン×高菜 (13) シニア×ひき肉料理 (10) 野菜×つみれ (5) 和食×かんたん (4) 野菜のおかず×魚のおかず (4) あえもの×鶏肉料理 (3) たらこ×酢 (3) もう一品のおかず・小鉢×高野豆腐 (3) れんこん×黒こしょう (3) アスパラガス×麺 (3) 焼きもの×鶏肉料理 (3)
もっと見る

「アスパラ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents