肉詰め大根のシチュー

30

2013.11.08

分類主食

調理時間: 30分

ID 110398

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

ひき肉を詰めた大根をたっぷりのきのこと煮込んだあったかシチュー。市販のデミグラスソース缶を使いますが、ちょっとした一工夫でグンと本格的な味に仕上がります。おもてなしにもぴったりな、冬のイチオシメニューです。

    材料

    4人分(4人分)
    大根 1個(1個あたり20cm(※直径7cm程度の太めのものがおすすめ))
    合挽き肉 180g
    ベーコン 30g
    玉ねぎ 250g(50gはみじん切りにする。)
    きのこ類(マッシュルーム・しめじ) 各1パック
    小麦粉 適量
    適量
    赤ワイン 100ml
    ローリエ 1枚
    A
    パン粉 大さじ1
    A
    牛乳 大さじ1と1/2
    A
    味噌 小さじ1
    A
    小さじ1
    A
    スパイス類(ナツメグ・オレガノ・胡椒) 各少々
    B
    300ml
    B
    デミグラスソース缶 1缶(290g)
    B
    トマトケチャップ 大さじ1
    B
    コンソメキューブ 1/2個
    バター 20g
    生クリーム 適量

    作り方

    ポイント

    ◆大根をくり抜く時は、クッキー型やスプーンなどを使うとやり易いです。
    ◆肉だねに隠し味として味噌を加えることで、旨味・深みが増します。
    ◆焦がしバターの一手間で、大根の水分にも負けない深く濃厚な味わいの本格シチューに仕上がります。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 大根は幅5cmに切って厚めに皮を剥き、ふんわりラップをして電子レンジ(700W)で10分ほど加熱する。さっと水洗いしてアクを落とし、真ん中辺りを底1.5cmほど残して中身をくり抜く。
    2. 玉ねぎは50g分をみじん切りに、残りをくし形に切る。きのこ類(マッシュルーム・しめじ)は石突を取って食べやすく裂く。ベーコンは細切りに。A

      パン粉 大さじ1、牛乳 大さじ1と1/2、味噌 小さじ1、酒 小さじ1、スパイス類(ナツメグ・オレガノ・胡椒) 各少々

      はよく混ぜ合わせておく。
    3. ボウルに合挽き肉とみじん切りの玉ねぎ、A

      パン粉 大さじ1、牛乳 大さじ1と1/2、味噌 小さじ1、酒 小さじ1、スパイス類(ナツメグ・オレガノ・胡椒) 各少々

      を入れて混ぜ捏ねる。それを大根の穴の中にぎゅうぎゅうに詰めていき、上から小麦粉をはたく。
    4. 深鍋に油を熱して 3). をお肉の面から焼いていき、良い焼き色がついたら一旦取り出す。
    5. 同じ鍋で今度はベーコンを炒め、残りの玉ねぎときのこ類、半分に折ったローリエも加える。赤ワインを振って強火でアルコール分を飛ばしたら、B

      水 300ml、デミグラスソース缶 1缶(290g)、トマトケチャップ 大さじ1、コンソメキューブ 1/2個

      とバター1片、肉詰め大根を入れ、やわらかくなるまで煮込む。
    6. その間にフライパンで焦がしバターを作っておく。
      中火~弱火でバターを溶かし、時折揺すりながら、茶色がかって良い薫りが出てくるまで火を入れる。それを 5). の仕上げに混ぜ入れる。
    7. 生クリームを添え、混ぜながらいただきます。
    24 55

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「きのこ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは