注目ワード白菜エリンギ春菊クリームパスタチーズ

野菜の基礎  | 野菜の選び方

大根の選び方と栄養・旬の時期

キーワード:
選び方大根

冬の野菜の代表、大根の選び方や栄養価を紹介します。

 

大根の選び方/葉つきの大根は新鮮な証拠!

「葉付きの大根=新鮮」と覚えておきましょう。葉は鮮やかな緑色で、先までピンと張っているものが新鮮です。
※葉は根の水分や栄養分を吸い取ってしまいます。購入後はすぐに葉と根を切り離して保存しましょう

カットされているものは、断面のきめが細かいものを選んで。ひげ根が少なく、ハリがありずっしりと重みのあるものがおいしい大根です。

 

大根の栄養/大根は消化吸収を助けてくれる!

大根の根は約95%が水分でできています。「水分ばかりだと栄養も少ない?」と思われがちですが、大根には消化酵素であるジアスターゼやアミラーゼが豊富に含まれています。これらは消化吸収を助ける働きがあり、胃もたれや胸やけ防止に効果的と言われています。

ジアスターゼやアミラーゼは熱に弱いため生食で食べるのがベスト。消化のよい食事を食べたいときは、大根を生で調理するレシピにしましょう。

また、大根の葉はβ-カロテンやビタミンC、カルシウム、食物繊維が豊富です。栄養がたっぷり含まれているので、ぜひ葉付きの大根を選びましょう。

 

旬は冬。日本を代表する冬野菜

年中出回りますが、旬は冬。寒くなるほど甘みを増して、おいしくなります。 主な品種は青首大根。水分が多くて柔らかく、おろしても辛みが少ないのが特長です。皮や葉も食べられ、捨てるところがありません。

参照:【大根1本を1週間で使い切る】栄養たっぷり、ヘルシー!大根レシピ集

ページの先頭へ