注目ワード白菜エリンギ春菊クリームパスタチーズ

野菜の基礎  | 野菜の選び方

大根の部位ごとの特徴とおすすめの調理法

キーワード:
大根選び方調理法

大根は①葉に近い上部、②真ん中の中間部、③先の細い下部、この3つの部位によって味わいが異なります。

大根は葉と根に分けられますが、根の部分は①葉に近い上部、②真ん中の中間部、③先の細い下部、この3つの部位によって味わいが異なります。

それぞれの特徴と、部位に合ったおすすめの調理法を知っておきましょう。

 

①上部

もっとも甘い部分。硬く食感もよいため生食向き。
サラダや大根おろしなどに。

 

②中間部

甘みがあり、加熱により柔らかくなるため煮込み料理向き。
ふろふき大根やおでんなどの煮物に、色も形もきれいな仕上がりに。

 

③下部

辛味が強く筋っぽいため、薬味や漬物に。
薬味として辛い大根おろしがお好みの場合は下部を使って。

 

④葉

炒めものやみそ汁の具など、葉野菜として。塩ゆでして刻み、菜めし(塩味や甘辛味などにし、ごはんと混ぜたもの)にしても。

参照:【大根1本を1週間で使い切る】栄養たっぷり、ヘルシー!大根レシピ集

ページの先頭へ