【旬ごはん】海老そらまめ豆腐の塩炒め

20

2021.06.01

分類主菜

調理時間: 20分

ID 413932

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

フライパンひとつでざっくり作れる、おいしい塩炒め。ほっくり火の通ったそらまめに、やさしい味わいの豆腐、食べごたえのある海老がよく合います。

    材料4人分
    海老 250g
    そらまめ 500g(正味330g程度)
    絹ごし豆腐 200g
    にんにく、しょうが 各1/2片
    ねぎ 5cm
    片栗粉 適量
    大さじ1
    ごま油 適宜
    A
    小さじ2
    A
    少々
    B
    150ml
    B
    鶏ガラスープの素 小さじ1/2
    B
    少々
    作り方
    Point!
    ◆そらまめは、薄皮の一部(おはぐろの部分)だけむいておくようにすると形がくずれにくく、中までしっかり味がつきます。

    ◆豆腐はパックの水を切る程度でOK。水分も一緒に味として煮ていくので水切りは必要ありません。
    1. 海老は殻をむき、背に切り込みを入れて背ワタをとる。片栗粉(分量外)でもんで流水で洗い、キッチンペーパーで水けをおさえてA

      酒 小さじ2、塩 少々

      で下味をつける。
    2. そらまめはさやから取り出し、おはぐろの部分(薄皮についている黒い筋のところ)を包丁でむく。

      にんにく、しょうが、ねぎはみじん切りにする。
    3. 海老に薄く片栗粉をまぶして、フライパンに油適量(分量外)を熱して焼く。両面焼けたらいったん取り出す。

      (※ここではまだ完全に火が通っていなくてOK。)
    4. キッチンペーパーでフライパンをきれいにして、改めて大さじ1の油を熱する。にんにく、しょうが、ねぎを炒め、香りが出たらそらまめも加えて炒め合わせる。
    5. B

      水 150ml、鶏ガラスープの素 小さじ1/2、塩 少々

      を入れて煮立たせ、大きめにくずした絹ごし豆腐を加えたら、ひと混ぜして中火で1分ほど煮る。
    6. 海老を戻してひと混ぜし、蓋をして1分ほど、海老に火が通るまで煮る。仕上げにごま油をたらす。
    4 41
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「中華炒め 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。