レシピサイトNadia

    定番にしたい!山かけまぐろの漬け丼〜酢飯もタレも砂糖不使用〜

    主食

    定番にしたい!山かけまぐろの漬け丼〜酢飯もタレも砂糖不使用〜

    お気に入り

    110

    • 投稿日2021/08/10

    • 更新日2021/08/10

    • 調理時間10(炊飯時間とマグロを漬けておく時間はのぞく)

    素材を生かした、シンプルな漬け丼。酢飯にもタレにもお砂糖を使わず、さっぱりと仕上げています。長芋と本わさび、カイワレ大根が消化を助けてくれて、彩りも豊か。すりごまの香りも香ばしく、贅沢な味わいです。

    材料2人分

    • 赤身まぐろの刺身
      200g(12切れ程度)
    • 醤油
      大さじ2
    • 本みりん
      小さじ1
    • 長芋
      50g
    • カイワレ大根
      30g
    • 本わさび
      適量
    • かために炊いたご飯
      1合分
    • 米酢
      大さじ1/2
    • 梅酢
      大さじ1/2
    • 白すりごま
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ・炊き立てのご飯を使うのがオススメです。ご飯の量は食欲に応じて調整してください。 ・梅酢が手に入らない場合は、梅酢を米酢に変え、塩小さじ1/2を加えてよく混ぜ溶かしてからご飯に入れてください。 ・酸っぱいものが苦手な方や、ご飯にも甘みが欲しい場合は、米酢を大さじ1減らして、本みりんに変えて美味しく食べられます。 ・お味を見て、お好みでお醤油をどんぶりに追加してかけてください。

    • カイワレ大根は根本を切り落とし、洗っておく。

    • 1

      小さめのボウルに赤身まぐろの刺身と醤油、本みりんを入れてよく混ぜ、30分以上冷蔵庫に置いておく。途中裏返す。

    • 2

      かために炊いたご飯は熱いうちに米酢と梅酢を混ぜ、しゃもじで縦に切るようにして混ぜ、粗熱をとっておく。✴︎ポイント参照

    • 3

      長芋と本わさびはそれぞれすりおろす。

    • 4

      2に1をのせ、白すりごま、長芋のすりおろし、本わさびのすりおろし、カイワレ大根をのせる。

    レシピID

    418573

    このレシピが入っているArtist献立

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    fujinoniji 越野美樹
    Artist

    fujinoniji 越野美樹

    1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、結婚後約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より新鮮で美味しい野菜が身近にある田舎暮らし。娘の通う学校の事務職をしながら、料理教室&食ライター生活のシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。基本調味料で野菜の美味しさを引き出すおうちごはんが得意です。食材と調理法を理解すれば、苦手な野菜も美味しく仕上がるということを伝えたいです。 趣味は美味しいものを食べることとピアノを弾くこと。 学生時代は、お祭り好きの静かな女と言われていました。 料理教室の生徒さんは、みなさんお料理に対する姿勢が変わった、家族が野菜を食べてくれるようになった、レシピを見ただけではわからない火加減や調理法がよくわかって料理の仕上がりが変わった、お腹いっぱい食べても元気に過ごせる、などと口々におっしゃいます。 旬の野菜を自分が食べたいと思う料理に仕上げること、野菜をよく見て切り方や調理法を考えること、素材によって火加減や水加減を調整すること。食材の選び方や、野菜を美味しく仕上げるためのちょっとしたコツなどをお伝えしています。

    「料理家」という働き方 Artist History