レシピサイトNadia
    主菜

    たまごとろとろ♪【豚こま豆腐のニラ玉炒め】

    • 投稿日2024/05/05

    • 更新日2024/05/07

    • 調理時間15

    • カロリー(1人分)292Kcal

    • 総費用目安400

    • 冷蔵保存1

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    いつものニラ玉に豚こまと豆腐をプラスでボリュームたっぷり! たんぱく質も多め、おいしくて大満足の節約おかずです。 ごはんもビールも進みます。 とろとろたまごのコツはポイント欄へ!

    材料3人分

    • 豚こま肉
      150g
    • 片栗粉
      小さじ2
    • ニラ
      1束(100g)
    • 木綿豆腐
      150g
    • たまご
      2個
    • A
      オイスターソース・酒
      各大さじ1
    • A
      鶏がらスープの素
      小さじ1
    • A
      すりおろしにんにく
      小さじ1/4
    • ごま油
      大さじ2弱
    • 胡椒
      適量

    作り方

    ポイント

    たまごは高温で、多めのごま油でさっと炒めるのがポイントです。 大きく混ぜたらもうOK!超半熟位が丁度いいんです。取り出す時は混ぜたボウルに戻してください。

    • 木綿豆腐はキッチンペーパーに包み600wの電子レンジで3分加熱し水切りする。 ニラは4cm幅に切る。 たまごは溶きほぐす。 A オイスターソース・酒各大さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、すりおろしにんにく小さじ1/4は混ぜ合わせる。 豚こま肉に片栗粉をまぶす。

      工程写真
    • 1

      フライパンにごま油を大さじ1入れ、強火で高温になるまで熱し、卵を入れてざっと混ぜ、半熟状態で溶きほぐしたボウルに取り出す。

      工程写真
    • 2

      フライパンをキッチンペーパーで拭き、再び中火で熱し、残りのごま油(大さじ1弱)で豚肉を炒める。

      工程写真
    • 3

      肉の色が変わり始めたらニラと豆腐をくずしながら加え、さっと炒めたらをAを回しかけ、全体をざっと炒める。

      工程写真
    • 4

      卵を崩すようにしながら戻し入れ、軽く混ぜたら火を止め胡椒をふる。

      工程写真
    レシピID

    482758

    質問

    作ってみた!

    • コスモス
      コスモス

      2024/05/24 19:14

      豚肩ロース切り落としで作りました😊 ニラ玉にお豆腐と豚肉、タンパク質い〜ぱい😄栄養もい〜ぱい…😄 とっても美味しかったです😋
    • yumi🍓
      yumi🍓

      2024/05/15 20:38

      ニラ玉にお豆腐と豚肉が入っているので、食べ応えがあり、とても美味しかったです✨ タンパク質もたっぷりなのも嬉しいです☺️ たまご、とろとろでした✌🏻 また作ります♪
    • たぐとも
      たぐとも

      2024/05/08 16:36

      とても簡単に作れて美味しかったです♪これから出番が多そうな予感!また作ります。

    こんな「ニラ玉」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にら」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    二階堂麻奈美
    • Artist

    二階堂麻奈美

    料理家・献立のプロ

    • 調理師
    • 野菜ソムリエ

    企業ランチプロデュース・レシピ開発・料理教室・出張料理を主に活動しています。王道料理、バランスの良い献立を提案するのが得意です。 都内で20年間飲食店を経営後、4年前に地元千葉にに戻り、夢だった料理家になりました。 体が食べ物からできているのを、多くの人に伝えたいと思っています。 そして日々の料理って、難しく考えずにごく簡単なものでいいんだってことを知ってもらいたいのです。 ほとんど15分以内に出来るレシピを提案しています。 経営者として頑張っていた時は3人の小さな子供たちを預けて必死で働いていました。家事との両立は本当に大変でした。 レシピを作る時はその時の気持ちを忘れないようにしています。 皆さんはもう、充分に頑張っていますから、日々のごはんは気楽にいっていいと思います! 料理に恋をして、ずっと素晴らしい方の元で料理の伝統や調理科学、栄養学を学んできました。今も学びは続いています。 かみ砕いたレシピを通して、私の知識と経験を沢山の方にお伝えしをしていきたいです。 普段使いの日々のごはんに活かしてもらえたらとてもうれしいです。

    「料理家」という働き方 Artist History