レシピサイトNadia
    主菜

    ほんのりとろみで温まる♪鶏肉と白菜とえのきの旨塩スープ鍋

    • 投稿日2022/10/18

    • 更新日2022/10/18

    • 調理時間20

    鶏肉に片栗粉をまぶして加えるのでお肉がとっても柔らか!スープにもほんのりとろみがついて、温まります^^ 薬膳効果 ☆鶏肉…食欲不振、虚弱体質に、疲れやすい人に、美肌に ☆白菜...発熱に、喉の乾燥に、咳や痰に、浮腫みに、二日酔いの防止、解消に ☆えのきだけ...便秘に、食欲不振に、動脈硬化に、肌荒れに

    材料4人分2人分の分量はポイント欄に記載しています。

    • 鶏もも肉
      500g
    • 白菜
      1/4玉・正味500g
    • えのき
      1袋・正味170g
    • 塩・胡椒
      少々
    • 片栗粉
      大さじ2
    • A
      1000㏄
    • A
      みりん
      大さじ3
    • A
      酢・白だし
      各大さじ2
    • A
      鶏がらスープの素
      小さじ4
    • A
      小さじ1
    • ごま油
      適量
    • 青ネギの小口切り
      お好みで
    • 白いりごま・粗びき黒こしょう
      お好みで

    作り方

    ポイント

    ・白だしは10倍濃タイプを使っています。(お吸い物が1:9と書かれているものが10倍濃縮タイプになります。) 私はヒガシマル醬油さんの京風割烹白だしを使いました。 【2人分の場合】 鶏もも肉:250g 白菜:1/8玉・正味250g えのき:1/2袋・正味85g 塩・胡椒:少々 片栗粉:大さじ1 (A)水:530㏄ (A)みりん:大さじ1と1/2 (A)酢・白だし:各大さじ1 (A)鶏がらスープの素:小さじ2 (A)塩:小さじ1/2 ごま油:適量 青ネギの小口切り:お好みで 白いりごま・粗びき黒こしょう:お好みで

    • 白菜はざく切りにする。 えのきは石づきを切り、半分に切ってほぐす。 鶏もも肉は一口大に切り、塩・胡椒を揉み込んでから片栗粉をまぶす。(ポリ袋を使うと便利です。)

    • 1

      鍋にA 水1000㏄、みりん大さじ3、酢・白だし各大さじ2、鶏がらスープの素小さじ4、塩小さじ1を入れて火にかけ、煮立ったら白菜、えのきを加えて煮る。

      工程写真
    • 2

      しんなりしたら、鶏肉を加えて弱火で蓋をして煮る。

      工程写真
    • 3

      鶏肉に火が通ったら味をみて、足りない場合は塩(分量外)で調えて、ごま油を垂らし出来上がり! お好みで青ネギの小口切りを乗せ、白いりごま・粗びき黒こしょうを振る。

      工程写真
    レシピID

    446838

    質問

    作ってみた!

    • 1/アラ還の手習い
      1/アラ還の手習い

      2024/02/02 07:35

      じゃがいも、人参、玉ねぎ、もやしも足して🤗 「お酢がきいてて美味しいね」と家族絶賛🥰 まだまだ寒い日が続くので松山さんの「お鍋シリーズ」お世話になります😁 また作りま〜す😊
    • きらら
      きらら

      2022/11/13 16:19

      お酢の味が強く感じました。次回は少なめにします。

    こんな「鍋料理」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「えのき」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    松山絵美
    • Artist

    松山絵美

    料理家

    • ワインソムリエ
    • チーズコーディネーター
    • フードオーガナイザー
    • 薬膳漢方マイスター
    • 唎酒師

    9歳から14歳までの4児の母。 韓国ルーツを持つ夫との結婚をきっかけに韓国料理のレシピを学び、薬膳効果も期待できるヘルシーな韓国ごはんが得意。 また、子供受け抜群の家庭料理や時短節約料理、特別な日のおもてなし料理など、日々の料理を提案。 著書 『4児ママ・松山さんの薬膳効果つきやみつき節約めし』(主婦の友社) 『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング) 『家族がよろこぶ! 松山絵美のBESTおかず500品』(ワンパブリッシング)  『松山絵美の体にやさしく本格派! 韓国ごはん』(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History