レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

おうちでハワイ気分♪スパイシーガーリックシュリンプ

主菜

おうちでハワイ気分♪スパイシーガーリックシュリンプ
  • 投稿日2021/06/05

  • 調理時間10(エビの解凍時間と下処理の時間は除く。)

ハワイグルメの代表格”ガーリックシュリンプ” 本場ハワイには様々なフレーバーのガーリックシュリンプがありますが、このレシピでご紹介するのは  ☆基本のガーリックシュリンプ+ちょい足しアレンジレシピ☆です。 今回はチリソースを追加してピリ辛に仕上げます。 バターのコクとチリソースの辛味の相性はバツグンです! 基本のガーリックシュリンプ同様、ワンプレートでサラダとライスを添えてハワイのプレートランチ風にも、 単品でおつまみとしてもぴったりです。 仕上げのパセリをパクチーなどお好みのハーブに変えると、また香りも追加されて美味しいと思います。

材料1人分

  • えび
    180g(殻付き、大きめ8尾程度)
  • A
    にんにく
    10g
  • A
    オリーブオイル
    大さじ1
  • A
    小さじ1/2
  • A
    ブラックペッパー
    少々
  • チリソース
    小さじ2(シラチャーソース、豆板醤などお好みの物)
  • バター
    20g
  • パセリ(みじん切り)
    少々
  • B
    レタス
    適量(お好みで)
  • B
    プチトマト
    適量(お好みで)
  • B
    レモン輪切り
    適量(お好みで)

作り方

ポイント

・綺麗に焼き色を付けるため、えびはマリネする前に水気をきちんと拭いておく。 ・火加減が強すぎるとバターやニンニクが焦げて黒くなってしまうので、火加減は中火程度で。 ・えびは焼き過ぎると身も小さくなりプリプリ感が損なわれるので、焼き過ぎないようにする。 ・単品でおつまみとして、ご飯と合わせて主菜としても使えます。

  • ・えびは冷凍であれば解凍する。背ワタがあれば取り除き、ペーパータオルで水気を拭いておく。 ・にんにくはみじん切りにしておく。 ※にんにくチューブでも代用可能。

    工程写真
  • 1

    ボウルにA にんにく10g、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1/2、ブラックペッパー少々を入れて混ぜ、えびと和え、5分程度マリネして味を馴染ませる。

    工程写真
  • 2

    フライパンを中火で熱し、えびを片面2分ずつ程度、両面こんがりするまで焼く。 (この時、えびをマリネしたオイルは残しておくこと)

    工程写真
  • 3

    えびをマリネしたオイルをにんにくごとフライパンに入れる。

    工程写真
  • 4

    さらにバターとチリソースも加えたら、バターが溶けてにんにくがきつね色になるまで焼く。

    工程写真
  • 5

    B レタス適量(お好みで)、プチトマト適量(お好みで)、レモン輪切り適量(お好みで)を添えた器に盛り、彩りにパセリ(みじん切り)を飾る。

    工程写真
レシピID

414152

「にんにく」の基礎

「えび」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ガーリックシュリンプ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

EwaYuri(エバユリ)
Artist

EwaYuri(エバユリ)

◆大切な人と囲む美味しい楽しい食卓の思い出が心の栄養になる◆ ◆美味しいご飯と笑顔は言葉や文化の壁を超える万国共通語◆ 小さい頃、家族で囲む食卓が大好きでした。 母の作る美味しいご飯、お気に入りのレストラン。 家族で囲む食卓は体の栄養になるとともに、心の栄養になると思います。 私にとって家族や友達、大切な仲間と囲む食卓の美味しい楽しい思い出は大きな財産です。家族で囲む食卓が、いつか子供たちの心の財産になれと願い、日々の食事を作ってます。 生まれも育ちも日本・東京の私ですが、英語がワカラナイのにニホンゴワカリマセンなアメリカ人の夫と結婚を機にアメリカ移住。現在アメリカ、ハワイ在住19年になります。言葉が通じないのに一体どうやって結婚したんだ?と気になる方も多いかと思います(笑) 詳しくは↓に綴ってます。 《英語ワカリマセンな私がニホンゴワカリマセンのアメリカ人と超スピード婚した話 https://note.com/ewayuri/n/n977675ff4a20 右も左も英語もわからないアメリカでの生活でしたが、言葉の壁も、文化の壁も、そして何より言葉も通じないのに超スピード婚してしまった夫の事も、食いしん坊な私は”料理”を通して楽しく、そして美味しく知ることができたと思います。移民が多い国アメリカ。そしてハワイという土地柄、色々な国の人やお料理に出会います。その暮らしの中で出会った美味しい味を、家庭でも作れるような簡単なレシピを発信しています。 料理を通して多くの方々とのご縁が繋がっていければと思います。 レシピの事、アメリカやハワイの事、気になる事などありましたらお気軽にコメントなどいただければ嬉しいです! どうぞよろしくお願いします。                  EwaYuri(エバユリ)

「料理家」という働き方 Artist History