レシピサイトNadia
    主菜

    ふっくらジューシー♩我が家の定番ハンバーグ

    • 投稿日2022/08/16

    • 更新日2022/08/16

    • 調理時間20(肉だねを寝かせる時間は除く)

    お気に入り

    88

    家族みんな大好きな、我が家の定番ハンバーグ。 醤油麹のおかげで、驚くほどふっくらジューシーに焼き上がります。 ソースも、家にある調味料だけで美味しく作れちゃいます。 少し甘めのソースがごはんに合うハンバーグ。 ごはんはおかわり必須です♩

    材料3人分

    • A
      合い挽き肉
      300g
    • A
      玉ねぎ
      1/2個
    • A
      パン粉
      15g
    • A
      牛乳
      50ml
    • A
      1個
    • A
      醤油麹
      大さじ1
    • A
      ナツメグ
      少々
    • サラダ油
      小さじ2
    • B
      ケチャップ
      大さじ2
    • B
      ウスターソース
      大さじ1
    • B
      醤油
      小さじ1
    • B
      はちみつ
      小さじ2
    • B
      赤ワイン
      大さじ2(酒でも代用可)
    • B
      塩こしょう
      適量

    作り方

    ポイント

    ・タネを一旦冷蔵庫で冷やし、焼く直前に成型し直してからフライパンに並べると、キレイな仕上がりになります。その際は、手の平にサラダ油をほんの少し付けておくと作業し易いです。 ・ウスターソースは中濃ソースでも、また、はちみつは砂糖でも、それぞれ代用可です。加減を見て増減してください。

    • 1

      玉ねぎはみじん切りにし、600Wのレンジで2〜3分加熱して粗熱を取る。パン粉を牛乳に浸しておく。

      工程写真
    • 2

      工程1の玉ねぎ、パン粉を含めたA 合い挽き肉300g、玉ねぎ1/2個、パン粉15g、牛乳50ml、卵1個、醤油麹大さじ1、ナツメグ少々全てボールに入れ、よく捏ねる。

      工程写真
    • 3

      好きな個数分(今回は3個)にタネを分け、空気を抜くように丸く形を作る。冷蔵庫で15〜20分冷やす。

      工程写真
    • 4

      フライパンを中火にかけサラダ油をひき、成型し直しながら、ハンバーグを並べる。

      工程写真
    • 5

      片面約3分ほど焼き、焼き色が付いたら裏返す。大さじ2(分量外)の水を入れて蓋をし弱火で6〜7分蒸し焼きにする。

      工程写真
    • 6

      中まで火が通ったら、余分な脂と汚れを拭き取りB ケチャップ大さじ2、ウスターソース大さじ1、醤油小さじ1、はちみつ小さじ2、赤ワイン大さじ2、塩こしょう適量混ぜ合わせて加える。少し煮詰めながら絡める。

      工程写真
    レシピID

    442982

    質問

    作ってみた!

    「ハンバーグ」の基本レシピ・作り方

    こんな「ハンバーグ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「玉ねぎ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ここえみ
    • Artist

    ここえみ

    栄養士・発酵食品ソムリエ

    • 栄養士
    • 発酵食品ソムリエ

    夫と大学生の娘の3人家族。 栄養士・発酵食品ソムリエ。 栄養士として、産科や小児科で栄養指導業務に就く傍ら、“作ることも食べることも楽しんで”をモットーに、ごはん作りを楽しんでいます。 キッチンに立つ私の様子を見て、とても楽しそうだから…と娘が勧めてくれた、おうちごはん投稿。 SNSで食や料理を通じて、大勢の方と繋がることができ、大きな喜びと嬉しさを感じています。 “食事をする”ということは、生きていく上で欠かすことのできない行為ではありますが、それだけではないと思っています。むしろ、他に大切なことが詰まっているんじゃないかと。 栄養バランスはもちろん大事ですが、食事をする時間が、義務感からくるただのお腹を満たすだけの時間ではなく、そこに誰かと美味しさを共有できる楽しさや、1人の時間であっても、ホッとできる安心感を得られたりする時間であってほしい。 そんなことを思いながら、日々仕事に就き、そしてお料理をしています。 見て楽しい、食べて美味しい、そしてほっと安らげるようなおうちごはんメニュー。 私が愛してやまない、麹を始めとする発酵食品を使ったメニューも、たくさんお届けできたらと思っています。 よろしくお願いします。

    「料理家」という働き方 Artist History