レシピサイトNadia
    主菜

    韓国料理店に行ったみたいなプルコギ✨スタミナ丼にもなるよ😋

    • 投稿日2023/05/11

    • 更新日2023/05/12

    • 調理時間15

    今日は韓国の定番料理 プルコギ!😋 丼にしても美味しいよ! スタミナつけてね😘

    材料2人分

    • 牛薄切り肉
      200g
    • 玉ねぎ
      1/2玉
    • にんじん
      30g(赤パプリカでも可)
    • にら
      1/2束
    • A
      酒・みりん・醤油・ごま油・コチュジャン
      各大さじ1
    • A
      おろしにんにく・おろししょうが
      各チューブ5cm分
    • A
      粉唐辛子
      小さじ1(お好みで加減)
    • りんご
      1/8個(梨、桃、キウイなどでも可)
    • こしょう
      5ふり
    • 白ごま
      適量

    作り方

    ポイント

    プルコギの特徴は ①美味しいヤンニョムのたれ。 ②たれに漬け込んで焼いた肉(野菜) ●ヤンニョムのたれは、焼肉のたれ(醬油ベース)+コチュジャンでも簡単で美味しいですよ。 ●すりおろしたりんごなどの果物の甘味。 ●りんご、しょうが、酒などにより肉がジューシーでやわらかくなります。 ●玉ねぎだけは先に炒めて旨味と甘味を引き出しておく。

    • 1

      【肉をたれ(ヤンニョム)に漬ける】 ボウルに牛薄切り肉・すりおろしたりんご・A 酒・みりん・醤油・ごま油・コチュジャン各大さじ1、おろしにんにく・おろししょうが各チューブ5cm分、粉唐辛子小さじ1を混ぜ合わせ、しばらく漬けておく。

      工程写真
    • 2

      玉ねぎはくし形切り、にんじんは短冊切り、にらはざく切りにする。

      工程写真
    • 3

      フライパンにサラダ油(大さじ1・分量外)をひき中火で熱し、玉ねぎに塩ひとつまみ(分量外)を加え、焼き色をつけて炒める。 ●玉ねぎだけは先に炒めておく。少し焦げるくらいが旨味と苦みがあって美味しいです。 ●塩ひとつまみは大切(塩の脱水作用で旨味が凝縮します)

      工程写真
    • 4

      続けて、にんじんを加えサッと炒めたら、牛薄切り肉を加え強火にして炒めて火を通す。 最後ににらとこしょうを加えサッと炒める。 ●にらは半分も火が通れば十分です。

      工程写真
    • 5

      器に盛り、白ごまを散らす。 ●サンチュで巻いて食べると韓国料理店に行ったみたいよ👧🏻♪

      工程写真
    • 6

      (参考料理:プルコギスタミナ丼) どんぶりにご飯をよそい、プルコギを盛り、白ごまを散らし、卵黄をのせる。 ☆これはうまそうだ💀

      工程写真
    レシピID

    460047

    質問

    作ってみた!

    こんな「プルコギ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「牛肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    愛と癒しを届けるキッチン🍀
    • Artist

    愛と癒しを届けるキッチン🍀

    料理動画クリエーター

    愛知県在住。 家庭料理を中心に 独自の視点と直感で作る、ほんとに美味しいと思えるレシピをお届けします🍀 いつもの料理に少し手を加えるだけで簡単に激旨になるマジックレシピです。 意外な「隠し技」や「隠し味」を発見できるかもしれません♪ 調理工程の目的や原理を考えながら丁寧に解説していきます。 料理とは、あなたの想いのこもった作品です。 その想いが料理という手紙になって相手に届きます。 何も言わなくても目を閉じるだけで相手との心の会話がはじまります。 素敵な会話をしてくださいね。 そして素敵な場(広がり)を創っていってくださいね。 料理という手紙に想いをのせて🍀 😀2024.5 キッコーマンわが家は焼肉屋さんレシピコンテスト グランプリ受賞 😀2024.5 ヤマキだしパックレシピコンテスト グランプリ受賞 😀2023.10 Nadia 月間MVP受賞 😀2023.4 Nadia Artist献立賞 😀2022.12 Nadia ベスト動画賞 😀Nadia magazine vol.09、vol.12掲載 Instagram【@aitoiyasi_cooking】 YouTube【愛と癒しを届けるキッチン】

    「料理家」という働き方 Artist History