レシピサイトNadia
    主菜

    炊飯器でほったらかし!鶏肉と夏野菜の甘辛にんにく味噌煮込み

    • 投稿日2022/08/11

    • 更新日2023/07/18

    • 調理時間10(炊飯時間は除く)

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    火を使わず、炊飯器で作るお手軽料理です。 材料と調味料を入れて、通常炊飯でできます。 ★レシピを見直しました★ 鶏むね肉だとパサつくので、鶏もも肉に変更して、鶏もも肉は1枚に減らしました。 それに伴い、調味料の分量も少し減らし、だし汁は麺つゆを使用するように変更して、さらに簡単に♩

    材料2人分

    • 鶏もも肉
      1枚(約200g)
    • なす
      2本
    • ズッキーニ
      1本
    • パプリカ(赤・黄)
      各1/2個
    • A
      麺つゆ
      大さじ2(2倍濃縮)
    • A
      大さじ2
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      大さじ1
    • A
      むぎ味噌
      大さじ2
    • A
      砂糖
      大さじ2
    • A
      醤油
      小さじ1
    • A
      豆板醤
      小さじ1
    • A
      おろしにんにく
      大さじ1/2
    • 小ネギ
      適量(小口切り)

    作り方

    ポイント

    ・お味噌はまろやかなむぎ味噌を使用しましたが、普通のお味噌でも大丈夫です。

    • 1

      鶏もも肉は、ひと口大に切る。 パプリカ(赤・黄)は、乱切りにする。 なすとズッキーニは、1cm幅の輪切りにする。

      工程写真
    • 2

      A 麺つゆ大さじ2、水大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、むぎ味噌大さじ2、砂糖大さじ2、醤油小さじ1、豆板醤小さじ1、おろしにんにく大さじ1/2を、混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 3

      炊飯器に鶏もも肉、なす、ズッキーニ、パプリカ(赤・黄)を入れ、③の調味料を入れて、通常炊飯する。

      工程写真
    • 4

      器に盛り付け、小ネギを散らす。

      工程写真
    レシピID

    442477

    質問

    作ってみた!

    こんな「味噌煮」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「なす」の基礎

    「ズッキーニ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    くみ
    • Artist

    くみ

    料理家

    • スパイス&ハーブコンサルタント

    残業多めな正社員として働く二児の母。 働くお母さんにとって ①頑張りすぎないこと ②時間をかけすぎないこと ③お金をかけすぎないこと とても重要ですよね‼︎ 私のコンセプトは 「簡単なのに美味しい」 「手抜きなのに手抜きには見えない」 「シンプルな調理法なのに華やか」 「豪華に見えて実は経済的」 です。 作りおき術を取り入れ、手抜きであっても、見ているだけで元気になれるような、簡単なのに華やかさのあるレシピを提案して行きます。 時には、ものすごく味にこだわった定番料理も載せて行きますので、お時間がある時にお試しくださいね♩ 本業はシステム開発ですが、お料理の開発にも力を入れ、料理家として、少しでも皆さまのお役に立つことができたら嬉しいです。 業務多忙のため、たまにレシピに記載ミスもあるかもしれませんので、気になる点は、お気軽にコメントください☺️ ネガティブなコメントも、今後のレシピ開発に役立たせていただきますので、些細なことでもご指摘いただけたらと。 よろしくお願いいたします。 参考までに【私のレシピの特徴】 ・ガス火対応(加熱時間はガス火表記) ・レンジ500W対応(600Wがない方のためにあえて500W表記) ・作りおき対応(下ごしらえまで済ませ保存可能) ※日々の作りおき活用術については Instagram、threadsに詳細を載せています。 作りおき料理は、毎日の調理時間を減らすことができる上、品数・栄養バランスを無理なく整えながら、高熱費の節約も叶いますので、よろしかったら参考にしてくださいね💕

    「料理家」という働き方 Artist History