レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

グリーンピースと鮭の春いなり。おもてなしにオープンいなり!

主食

グリーンピースと鮭の春いなり。おもてなしにオープンいなり!
  • 投稿日2018/04/17

  • 調理時間35

春らしいおもてなしに、オープンいなりはいかがでしょう? 旬のグリーンピースを混ぜ込んだすし飯を詰め、鮭や花型の卵を飾ります。 ほぐした鮭は色鮮やかで、油揚げの中に花びらをたっぷり詰め込んだようにも見えます♪

材料4人分

  • いなり用油揚げ
    8枚
  • 白ごはん
    1合(固めに炊いたもの)
  • 1切れ(甘口)
  • グリーンピース
    50g
  • 1個
  • 大さじ1
  • 片栗粉
    小さじ1/4
  • 黒ごま
    少々
  • A
    だし汁
    250cc
  • A
    醤油
    大さじ2
  • A
    砂糖
    大さじ2
  • A
    みりん
    大さじ1
  • B
    大さじ1
  • B
    砂糖
    大さじ1/2
  • B
    小さじ1/2

作り方

ポイント

普通の油揚げを使ってもOKです。 砂糖は控えめにしてありますので、甘いおいなりさんが好きな方は、Aの砂糖を増やして調整してください♪

  • 1

    いなり用油揚げに熱湯をかけて油抜きし、水気をしぼる。鍋にA だし汁250cc、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ1を入れ、煮立ったら油揚げを入れる。落し蓋をして弱火で10分ほど煮て、火を止め粗熱をとる。

    工程写真
  • 2

    鮭はフライパンに入れ酒をかけ、ふたをして蒸し焼きにする。皮と骨を取り除き、ほぐす。グリーンピースは塩(分量外)を入れた湯で2分ゆで、火を止めてそのまま冷ます。卵は片栗粉と混ぜ合わせザルでこし、フライパンで厚めの薄焼き卵を作り、梅型で抜く。

    工程写真
  • 3

    炊きたての白ごはんに合わせたB 酢大さじ1、砂糖大さじ1/2、塩小さじ1/2を混ぜ込み、すし飯を作る。グリンピースを飾り用に20粒ほど残し、それ以外は混ぜ込む。油揚げは水気を絞り、10等分にしたすし飯をそれぞれ詰め、口を内側に1cmほど折り込む。鮭、グリーンピース、卵を飾り、卵に黒ごまをのせる。

    工程写真
レシピID

273045

「油揚げ」の基礎

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

いなり寿司」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

いがらしかな
Artist

いがらしかな

プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

「料理家」という働き方 Artist History