Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

圧力鍋で0分!?甘ーい枝豆のゆで方

10

2017.08.07

分類副菜

調理時間: 10分

さいとうあきこ

圧力鍋研究家。圧力鍋のお料理講座を開催しています。

圧力鍋を使った枝豆のゆで方。

とにかくラクしておいしく茹でたかったら、断然圧力鍋が便利です!
高圧・低圧の使い分けで味わいにも変化が出ます。

メーカー別のコツも記載してます。

枝豆 圧力鍋 ビールに合うおつまみ 便利 ヘルシー 夏野菜 ビールのおつまみ 手抜き 時短 レシピ

このレシピをブログで紹介する

材料
えだまめ 300g
小さじ2
200ml
作り方
Point!
枝豆は、端っこを切り落とす必要がありません。 レシピでは、アサヒ軽金属のゼロ活力なべを使用しています。 お使いの圧力鍋によって、余熱時間が異なります。レシピの手順8を参照してください。 お好みで、ゆであがりに塩(分量外)をまぶしてください。
  1. えだまめは、たっぷりの塩(分量外)をまぶして、こすり洗いして、
    水できれいに流し、ざるに上げます。
    えだまめの両端は切り落とす必要はありません(圧力鍋の場合)
  2. 圧力鍋に、えだまめと水(1カップ)、塩を入れてざっと混ぜ、
    ふたを閉めます。
  3. ***低圧(75kpa・115℃)の場合***

    火にかけて、沸騰して圧力がかかったら、すぐに火を止めます。
    (約2分40秒)
  4. そのまま圧力が下がるまで、余熱でしばらく置きます(約8分)。
    圧力が下がったら、ふたを開けて、ザルに上げて水気を切って出来上がり。
  5. ***高圧(146kpa・128℃)の場合***

    火にかけて、沸騰して圧力がかかったら、すぐに火を止めます。
    (約3分20秒)
  6. すぐに圧力鍋を流しに運び、上から水をかけて急冷します。
    (急冷の方法は、各取扱説明書を参照してください)
  7. 圧力が下がったら、ふたを開けて、ザルに上げて水気を切って出来上がり。
  8. 左:低圧・右:高圧
    高圧で茹でた方が、調理時間が短い分、緑色が鮮やかに残ってます。

    低圧は、あっさりしたゆであがり。
    少ない水で茹でているので、旨みはしっかり残ってます。
    高圧は、ちょっと食感が残ったゆであがり。旨みとともに、甘みを感じます。

    おなじ豆でも、ゆで方(高圧か低圧か)で味わいが変わります。
    お好みの味を見つけてくださいね。
  9. 圧力鍋ごとの加圧時間・余熱時間)
    ◎ワンダーシェフのオース・あなわたなど…加圧0分。余熱を置かずに急冷
    ◎フィスラー・WMF・シリット・ビタクラフトなど…高圧で0分。火を止めて余熱3分置いて急冷
    ◎ティファールなど…高圧で0分。圧力が下がるまで余熱で置く
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×ひんやりスイーツ (8) 時短×ブラウニー (6) ビールに合うおつまみ×鷹の爪 (3) ビールのおつまみ×鶏手羽 (3) レシピ×鯵 (3) 便利×鶏もも肉 (3) 圧力鍋×鶏肉料理 (3) 夏野菜×魚 (3) 枝豆×黒豆 (3)
もっと見る

「枝豆 」に関するレシピ

関連記事 article

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents