レシピサイトNadia

    たっぷりきのこと鶏肉の炊き込みごはん

    主食

    たっぷりきのこと鶏肉の炊き込みごはん

    お気に入り

    78

    • 投稿日2021/08/12

    • 更新日2021/08/12

    • 調理時間30(米の浸水時間を除く)

    HARIO「フタがガラスのご飯釜2~3合」で作る炊き込みご飯です。きのこがたっぷりと入ったうま味あふれる炊き込みご飯です。ぎんなんの彩りと食感もアクセントになっています。

    材料4人分

    • 2合
    • A
      だし
      400ml
    • 鶏もも肉
      100g
    • しいたけ
      2枚
    • エリンギ
      1本
    • しめじ
      1/2袋(約50g)
    • にんじん
      20g
    • ぎんなん(水煮)
      10粒程度
    • みつば
      適量
    • A
      大さじ2
    • A
      醤油
      大さじ1
    • A
      みりん
      小さじ1
    • A
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    きのこはお好みでアレンジしてください。舞茸などを入れてもOKです。

    • 米は洗ってざるにあげ、水気を切る。 米を炊飯土鍋に入れて出汁を注ぎ、30分~1時間ほど浸水させる。

    • 1

      鶏もも肉はひと口大に切る。 しいたけは石づきを落として薄切りにする。 エリンギは長さを半分に切り、薄切りにする。 しめじは石づきを落として小房に分ける。 にんじんは細切りにする。 みつばはざく切りにする。

    • 2

      浸水した米にA だし400ml、酒大さじ2、醤油大さじ1、みりん小さじ1、塩小さじ1/2を加え、全体を混ぜ合わせる。鶏もも肉、きのこ類、にんじん、ぎんなん(水煮)を並べてフタをする。

    • 3

      炊飯土鍋のフタの穴から水蒸気が噴き出すまで、中火で約10~13分加熱する。水蒸気が噴き出したらそのまま1分ほど加熱して火を止め、15分ほど蒸らす。

    • 4

      蒸らし時間が終わったら、全体をさっくりと混ぜ合わせる。器に盛り付け、みつばを添える。

    レシピID

    418285

    「きのこ」の基礎

    「銀杏」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    楠みどり
    Artist

    楠みどり

    野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。 2008年 野菜ソムリエ(中級)取得 2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 2017年 幼児食インストラクター取得

    「料理家」という働き方 Artist History