Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 鶏と大根のオイスター味噌煮込み。

    鶏と大根のオイスター味噌煮込み。 44秒前

    133人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】

    むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】 1分前

    170人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】

    とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】 7分前

    255人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン

    ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン 9分前

    116人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 田舎風 里芋の煮っころがし

    田舎風 里芋の煮っころがし 16分前

    砂糖と醤油を煮たたせてから、里芋を投入するというレシピで作っていて料理人になった気分でした!おいしかったです。

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

れんこんいなりずし

30
いなりずしの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2014.03.19

分類主食

調理時間: 30分

ID114263

神田 美紀

薬膳で カラダ整えごはん

お花見や行楽のお供にぜひおすすめな
れんこんいなりずしです。
甘ずぎないので、何個でもいけちゃいます!

いなりずし 油揚げ レンコン れんこん アウトドア お花見 油揚げ おふくろの味 シニア お弁当

このレシピをブログで紹介する

材料(10個分)
油揚げ 5枚
だし 1カップ
きび砂糖A 35g
しょうゆ 大さじ2
みりん 小さじ1
酢飯 300g
白ごま 大さじ1/2
れんこん 50g
B(酢 大さじ1
 きび砂糖 小さじ2/3
 塩 ひとつまみ
 だし) 大さじ1/2
作り方
Point!
・酢飯は市販の寿司酢を使用してもかまいませんが、つくる場合、米2合に対し、(酢大さじ2 きび砂糖大さじ1 1/3 塩小さじ1)の合わせ酢を混ぜています。この分量だと、いなりずしの  2回分の酢飯の量になります。
  1. 油揚げは半分に切り、油抜きをし、菜箸なのでしごくようのばし、口を
    開きやすいようにする。
    れんこんは皮をむき薄い半月切りにし、酢水(分量外)にさらす。
    白ごまは少し色づくまで乾煎りする。
    Bを合わせておく。
  2. 鍋にだし・油揚げを入れ火にかけ、沸騰したらきび砂糖Aの30gを入れ、
    火を弱め落し蓋をし、3~4分煮る。しょうゆを加え色づくまで煮て、
    残りのきび砂糖・みりんを加え1~2分したら火を止め、冷ます。
  3. れんこんは水気をきり、とうめいになるまでゆで、Bにつける。
    味がなじんだら、10枚飾り用に残し、のこりは1㎝角位に切る。
  4. 酢飯に刻んだれんこん・白ごまを加え混ぜ、10等分し、俵型にする。
    2の汁気を軽くきり、口をひらき、内側におりこみ酢飯をつめ、
    飾り用のれんこんをのせる。
2 15
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

シニア×無調整豆乳 (9) お弁当×ガーリックパウダー (5) いなりずし×記念日 (3) おふくろの味×黒砂糖 (3) お花見×豚ひき肉 (3) れんこん×黒酢 (3) アウトドア×魚 (3) レンコン×電子レンジ (3) 油揚げ×鶏胸肉 (3)
もっと見る

「れんこん 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents