本当に美味しい生春巻き|何度も作りたい定番レシピVol.269

ベトナム料理の人気メニューといえば「生春巻き」。モチッとしたライスペーパーでいろいろな具材を巻いた、食感も見た目も楽しい一品です。今回は、基本の生春巻きの作り方と、ベトナム風のつけだれ「ヌクチャム」の作り方をご紹介します。うまく巻けないという方のために、具材の置き方や巻き方のコツもありますよ。具材もたれもアレンジ自在なので、お好みの組み合わせを見つけてみてくださいね。Nadiaで人気の料理研究家が自信を持っておすすめする定番レシピシリーズです。

キーワード
生春巻き 何度も作りたい定番レシピ ベトナム料理
この記事をお気に入りに追加

 

見た目も華やか!人気のベトナム料理「生春巻き」

半透明のライスペーパーで色とりどりの具材を巻いた生春巻き。代表的なベトナム料理のひとつです。モチッとしたライスペーパーの食感と具材の食感のコントラストが楽しく、ヘルシーなのも魅力。見た目もきれいなので、おもてなしや持ち寄りに作っても華やかで豪華に見えます。

私が働いていたタイ料理のお店でも生春巻きがメニューにありましたが老若男女問わず大人気で、とりあえず1品目にビールと生春巻き、とオーダーされるお客さまが多かったです。そのくらい認知されていてみんなが好きな一品ということですよね。

今回は、基本的なえびの生春巻きと、ベトナム風のつけだれ「ヌクチャム」の作り方をご紹介したいと思います。はじめは巻くのが難しく感じるかもしれませんが、だんだんコツがつかめてくると早くきれいに巻けるようになりますよ。

 

基本の生春巻きの作り方

https://oceans-nadia.com/user/196104/recipe/435261

 

【材料(2人分/4本分)】

えび 4尾
A片栗粉 大さじ1/2
A塩 小さじ1/2
A水 大さじ1
鶏むね肉 100g(約1/3枚)
塩 ひとつまみ
酒 大さじ1
きゅうり 1本
にんじん 50g(長さ4cm程度のせん切りができる大きさ)
緑豆春雨 20g
リーフレタス 3~4枚(サニーレタスでも)
ライスペーパー 4枚
にら 4本

<ヌクチャム>
にんにく 1/2片
乾燥唐辛子 1本
Bヌクマム 大さじ2(ナンプラーでも)
Bレモン汁 大さじ1
B砂糖 大さじ2
B水 大さじ2

 

【作り方】

<下準備>
リーフレタスは水に浸けて汚れを落とし、水気を切っておく。

1.えびは殻をむき、Aを揉み込み汚れが浮いてきたら洗い流す。小鍋にお湯を沸かし、えびを加えて弱火で3分ゆでる。粗熱が取れたら縦半分に切る。

2.鶏むね肉は塩ひとつまみをまぶして塩耐熱容器に入れ、酒を振ってふんわりとラップをし600Wの電子レンジで3分加熱する。粗熱が取れたら繊維に沿って幅5mmほどに裂く。

【ポイント】
厚みのある部分は火の通りが悪い場合があるので、様子を見て加熱時間を追加してください。

3.きゅうりとにんじんは3mm幅のせん切りにする。

【ポイント】

太すぎると口当たりが悪くなったりライスペーパーを突き破りやすくなるので、頑張って細めのせん切りを作りましょう。細いとキチッと巻きやすくなり、生春巻きの断面もきれいに見えますよ。

4.緑豆春雨は熱湯に浸けてやわらかく戻し、長さ10cm程度に切る。

5.ライスペーパーを水にくぐらせ、プラスチック製のまな板もしくは固く絞った布巾の上にのせる。(この時点では完全にやわらかく戻っていなくてもOKです)
真ん中の少し手前寄りにえびの断面を上にして並べる。

【ポイント】

ライスペーパーの両面にまんべんなく水を浸すくらいでOKです。実はライスペーパーには裏表があります。触るとざらっとしていて編み目がへこんでいる方が上になるように置いてください。ゴム製や木製のまな板はライスペーパーが張り付いてしまうので注意してください。

6.えびの上にリーフレタスを適当な大きさにちぎってのせ、きゅうりとにんじんを横一列になるようにのせる。

【ポイント】

きゅうりとにんじんは先が尖っているのでライスペーパーを突き破りやすいです。なるべく横一列にきれいに揃えて置くと、巻きやすく破れにくくなります。かたい具材を先に置くことでそこが芯となり、きゅっと力を入れて巻きやすくなりますよ。

7.春雨と裂いた鶏むね肉ものせる。具材の向きはすべて横向きに揃えると巻きやすいです。

【ポイント】

かたい具材の上にやわらかい具材を置くことで、ライスペーパーが破れにくくなります。

8.小さめにちぎったリーフレタスを上にのせる。こうすると巻くときに具材がばらけずに巻きやすくなります。

【ポイント】

具材を積み上げて置いているのでそのまま巻こうとすると崩れやすいため、上から押さえる用のリーフレタスを少し置くことで断然巻きやすくなりますよ。

9.手前から具材がのった部分までをひと巻きし、片手で押さえる。片方の端を折り込んで、えびが上にくるようにもうひと巻きする。

【ポイント】

この時点ではもうライスペーパーはやわらかくなっており、くっつきやすくなっています。具材部分を包み込んで押さえるとある程度固定できるので、片手でキープしつつ片方をたたむように折り込みます。

10.折り込んでいない方の端からにらが出るように置き、最後まで巻き切る。

【ポイント】

えびに重ならないようににらを配置すると仕上がりがきれいです。

11.冷蔵庫に入れる場合は、1本ずつラップをかけてください。

【ポイント】

万が一表面に穴が空いて破れてきたら、やわらかく戻したライスペーパーの切れ端をくっつけると補修できますよ。数時間はやわらかいまま食べられますが、ひと晩置くとライスペーパーがかたくなってくるのでその日食べる分だけを作るのがおすすめです。

12.ヌクチャムを作る。
みじん切りにしたにんにくと輪切りにした乾燥唐辛子とBを合わせ、砂糖が溶けるまでよく混ぜる。生春巻きに添える。

【ポイント】

ヌクマムはベトナムの魚醤です。ナンプラーと材料や製法はほぼ同じですが、発酵度合いが異なるためナンプラーよりも塩辛さは控えめで香りが強くなっています。おうちにナンプラーがある場合は、わざわざ新しく買い揃えなくても十分代用できますよ。

https://oceans-nadia.com/user/196104/recipe/435261

ヌクチャムはえびの生春巻きにとても合うのでぜひ作ってみていただきたいですが、市販のスイートチリソースでも美味しくいただけます。どちらも辛味があるのでお子さまには唐辛子なしで作ったり、スイートチリソースにマヨネーズを混ぜたり、ごまだれや味噌だれなどを添えるのもおすすめです。

今回はえびと鶏肉をメインに作っていますが、生春巻きの具材はアレンジの幅が無限です。サーモン、水菜、パクチー、ミントの葉、アボカド、野菜のなます、細切りにした薄焼き卵、焼肉のたれで炒めたお肉なども美味しいですし、緑豆春雨の代わりにゆでたそうめんを入れると一気に食べごたえが出て簡単なランチになります。水分が多い食材はライスペーパーがふやけて破れやすくなるので、しっかり水気を切ってなるべく内側に巻くと良いと思います。

●このレシピをお気に入り保存する
生春巻き


サラダにするよりもたくさんの野菜がペロリと食べられてしまう生春巻き。さっぱりしているのでこれからの季節には特に美味しく食べられそうですね。ぜひいろいろな具材を試してお気に入りの組み合わせを見つけてみてください。

 

このコラムを書いたNadia Artist

料理研究家/フードコーディネーター/漢方スタイリスト 両角舞
https://oceans-nadia.com/user/196104


これまでにご紹介した【何度も作りたい定番レシピ】はこちら

 

●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
・ヘルシーな【生春巻き】人気レシピ|具材やたれでいろいろアレンジ!
・手軽に美味しくエスニック!「スイートチリソース」をフル活用するレシピ15選

キーワード
生春巻き 何度も作りたい定番レシピ ベトナム料理
この記事をお気に入りに追加

おすすめコラム Recommend Column

Nadia編集部おすすめ特集 Feature

    関連コラム Related Column

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは