レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

煮るだけ5分♪『豚団子とはるさめの麻婆風中華鍋』

主菜

煮るだけ5分♪『豚団子とはるさめの麻婆風中華鍋』
  • 投稿日2017/12/27

  • 調理時間15

豚団子とはるさめを使った 麻婆風の中華鍋♪ スープも家にある調味料で 簡単に作れる上 具材も豚団子とはるさめさえあれば あとは、アレンジが可能なので 気軽に作れるのが嬉しい♡ また、はるさめは 煮ながら戻すので味がしみしみに♪ ボリュームも満点で 男子も大満足の一品ですよ! ★フォローやクリップ、そしてメダル送付ありがとうございます♪

材料2人分

  • 豚ひき肉
    250g
  • 緑豆はるさめ
    50g
  • 小松菜
    1/2束
  • しいたけ
    小5〜6個
  • A
    1個
  • A
    長ねぎ(みじん切り)
    1/2本分
  • A
    酒、片栗粉
    各大さじ1
  • A
    塩、こしょう
    少々
  • A
    しょうが
    チューブ1〜2cm
  • B
    3cup
  • B
    しょうゆ、酒、みりん
    各大さじ2
  • B
    オイスターソース、ごま油
    各大さじ1
  • B
    砂糖、鶏ガラスープの素
    各小さじ1
  • B
    にんにく、しょうが
    各チューブ1〜2cm
  • B
    輪切り唐辛子
    小さじ1〜

作り方

ポイント

★オイスターソースは、しょうゆ小さじ1・はちみつ(または砂糖)小さじ1/3・中華だし少々で代用可能です。 ★輪切り唐辛子は、普通の唐辛子をお使いの場合、1本を目安とし、種は取り除いて下さい。また、辛いのが苦手は方は、省いてもOKです。

  • 1

    ボウルに、豚ひき肉・A 卵1個、長ねぎ(みじん切り)1/2本分、酒、片栗粉各大さじ1、塩、こしょう少々、しょうがチューブ1〜2cmを入れ、粘りがでるまで、手でよく混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 2

    小松菜は葉と茎に分け、3〜4cm長さのザク切りにする。しいたけは、食べやすい大きさに切る。

    工程写真
  • 3

    鍋にB 水3cup、しょうゆ、酒、みりん各大さじ2、オイスターソース、ごま油各大さじ1、砂糖、鶏ガラスープの素各小さじ1、にんにく、しょうが各チューブ1〜2cm、輪切り唐辛子小さじ1〜を入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、丸めた1を加える。

    工程写真
  • 4

    再び沸騰したら、緑豆はるさめと小松菜(茎)を入れ、2〜3分煮る。

    工程写真
  • 5

    小松菜(葉)・しいたけを加え、サッと煮たら出来上がり。

    工程写真
  • 6

    そのまま食卓に並べて、お召し上がりください♪

    工程写真
  • 7

    《ポイント》 ★豚団子とはるさめ以外の食材は、自由にアレンジ可能です。ないものは省いてもOKですし、小松菜は、他の青菜(チンゲンサイやニラ)、しいたけは、しめじやえのきだけでも代用可能です。

レシピID

224820

「しいたけ」の基礎

「小松菜」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

鍋料理」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

Yuu
Artist

Yuu

福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

「料理家」という働き方 Artist History