レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

包丁いらず♪『豚バラもやしの醤油ラーメン風♡おかずスープ』

汁物

包丁いらず♪『豚バラもやしの醤油ラーメン風♡おかずスープ』
  • 投稿日2018/02/27

  • 調理時間5

使う食材は、”豚バラ”×”もやし”と お財布に優しく しかも、包丁いらずでできちゃうお手軽さ。 作り方は、もちろん簡単で お鍋で豚肉ともやしを炒めたら あとは、スープを注いで1〜2分煮るだけ。 5分もあれば完成するので 仕事の帰りが遅くなってもラクラクです♪ また、スープも特別な材料は一つもなく 家にあるもので簡単に作れるのも嬉しいところ。

材料2人分

  • 豚バラ薄切り肉
    150g
  • もやし
    1袋(200g)
  • A
    2cup
  • A
    しょうゆ
    大さじ1
  • A
    鶏ガラスープの素、和風だしの素
    各小さじ1
  • A
    にんにく
    チューブ1〜2cm
  • B
    かつお節
    1袋(3g)
  • B
    すり白ごま
    大さじ1
  • 粗挽き黒胡椒
    適量
  • ごま油
    小さじ1

作り方

ポイント

★和風だしの素は、水をだし汁に変えることでも代用可能です。また、素材力 無添加本かつおだしや茅乃舎だし の粉末を使用してもOKです。その場合、塩を小さじ1/5ほどプラスしてください。 ★このスープは、具沢山のおかずスープです。他にもおかずがたくさんある場合は、豚肉やもやしの量を減らしてお試しください♪ ★鍋は20cmのものを使用しました。

  • ・もやしは流水で洗い、ザルにあげて水気をよく切っておく。

  • 1

    鍋にごま油を中火で熱し、豚肉を炒める。

    工程写真
  • 2

    豚肉の色が変わったら、もやしを加えてさらに炒める。

    工程写真
  • 3

    全体に油がまわったら、A 水2cup、しょうゆ大さじ1、鶏ガラスープの素、和風だしの素各小さじ1、にんにくチューブ1〜2cmを注ぎ、サッと煮る(1分ほど)。

    工程写真
  • 4

    B かつお節1袋(3g)、すり白ごま大さじ1を加え、最後に粗挽き黒胡椒をふったら出来上がり。

    工程写真
  • 5

    器に盛って、お召し上がりください♪ お好みでゆで卵や、煮卵を添えても◎。

    工程写真
  • 6

    《ゆで卵を綺麗に切る方法》 ミシン糸を、殻をむいたゆで卵の真ん中に回し 右手で反対側の糸、左手も反対側の糸を持つ。 左右にゆっくり引っ張れば〜 パカっと綺麗に切れます♪ サンドイッチなどにも応用できますよ^^♪

    工程写真
  • 7

    《ポイント》 ★豚バラ薄切り肉は、ロースでも代用可能です。 ★豚バラ薄切り肉は、しゃぶしゃぶ用を使用しました。長いものをお使いの場合は、食べやすく切ってから調理してください♪ ★もやしのひげ根は、気になる方は取り除いてください。 ★にんにくは、お好みで増やしてもOKです♪

レシピID

248701

「にんにく」の基礎

「豚肉」の基礎

「もやし」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

スープ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

Yuu
Artist

Yuu

福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

「料理家」という働き方 Artist History