レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

安ウマ下味冷凍♪ボリューム満点『むね肉のチンジャオロース風』

主菜

安ウマ下味冷凍♪ボリューム満点『むね肉のチンジャオロース風』
  • 投稿日2020/11/12

  • 調理時間10(解凍後)

安い!旨い!ボリューム満点!のおかずです(^^)/♡ 味付け最高でめちゃくちゃご飯進みます!凄いおすすめです! むね肉使用でコスパ良く節約に。下味冷凍で時短に。ボリュームも出て文句なしの1品!! 通常たけのこや代用でじゃがいもなどと一緒に炒めるところを人参にすることで火の通りも早く、より手軽に作れます♪また彩もよくなり、食欲をそそる見た目に♡

材料2人分

  • 鶏むね肉
    1枚(350~400g)
  • A
    マヨネーズ・酒
    各大さじ1
  • A
    醤油・砂糖
    各小さじ1
  • A
    にんにく・生姜チューブ
    各2㎝
  • A
    塩胡椒
    適量
  • ピーマン
    2つ
  • 人参
    1/4本
  • 片栗粉
    大さじ1
  • サラダ油
    大さじ1
  • B
    オイスターソース
    大さじ2
  • B
    酒・みりん
    各大さじ1
  • B
    砂糖
    小さじ2
  • 白ごま
    お好みで

作り方

ポイント

◆むね肉は棒状に切ることで、下味との馴染がよく、火の入りも早くなり、合わせ調味料もよく絡み、おいしくなります♡ ◆【A】の調味料の効果で、むね肉はパサつかずにしっとりやわらかに仕上がります♪ ◆下味冷凍しない場合は、下味を揉みこみ、15~30分置いてもらえれば充分です◎

  • 1

    鶏むね肉は皮を剥いで、1㎝幅にスライスする。 スライスしたものを更に1㎝角の棒状に切る。

    工程写真
  • 2

    フリーザーバックに1とA マヨネーズ・酒各大さじ1、醤油・砂糖各小さじ1、にんにく・生姜チューブ各2㎝、塩胡椒適量を加えよく揉みこむ。 空気を抜いて冷凍保存する。 ※保存期間:2週間

    工程写真
  • 3

    下味冷凍を解凍する。 ※レンジの解凍モード/前日に冷蔵庫に移す/自然解凍

  • 4

    ピーマンはヘタとタネを取り除き、縦半分に切って細切りにする。 人参は皮を剥き、気持ち太めの細切りにする。 B オイスターソース大さじ2、酒・みりん各大さじ1、砂糖小さじ2は混ぜ合わせておく。

    工程写真
  • 5

    ボウルに下味冷凍をまるごと加え、片栗粉を加え菜箸でよく混ぜ馴染ませる。 (フリーザバックに片栗粉を直接加えて揉みこんでも◎)

    工程写真
  • 6

    フライパンにサラダ油を熱し、5を加える。 ほぐしながら焼いていく。

    工程写真
  • 7

    焼き色がついてきたら、人参を加え、完全に火が通るまで炒める。

    工程写真
  • 8

    合わせ調味料を加え煮絡める。

    工程写真
  • 9

    ピーマンを加えさっと炒める。

    工程写真
  • 10

    器に盛り、お好みで白ごまをふる。

    工程写真
  • 11

    やばい!せっかく下味冷凍してたのに、ピーマンも人参もない!!って時はこちら↓↓ 『とりマヨ』【ID:385360】https://oceans-nadia.com/user/236306/recipe/385360 解凍後、工程3から調理すればOK!

レシピID

401302

「鶏むね肉」の基礎

「にんにく」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History