レシピサイトNadia
    主菜

    【4種のチーズのシュクメルリ風】濃いシチューで簡単コク旨♪

    • 投稿日2023/11/29

    • 更新日2023/11/29

    • 調理時間15

    4種のチーズの贅沢な素材を使用した 濃厚さが楽しめるシュクメルリ🧀✨! 食材とルウでとっても簡単に作れます♡ 普段のおかずにはもちろん、おもてなし料理 にもぴったりです😇💓♬ホワイトカラーの シュクメルリに、パセリとパプリカパウダー を仕上げに加え、クリスマスっぽく 仕上げました🎄❤️🤍通常のシチューとは ちがった、濃いシチュー4種のチーズの 贅沢な味わいをぜひお楽しみください😍♪

    材料4人分

    • 鶏もも肉
      2枚(600g)
    • さつまいも
      2本(300g)
    • 玉ねぎ
      1/2個(100g)
    • しめじ
      1/2パック(50g)
    • バター
      10g
    • 200ml
    • S&B おろしにんにく
      大さじ1
    • S&B 濃いシチュー 4種のチーズ
      1/2箱(80g)
    • 牛乳
      200ml
    • S&B パプリカ(パウダー)
      適量
    • パセリ(生)
      適量

    作り方

    ポイント

    ●ルウは火を止めてから加えて溶かします。その後弱火でとろみが出るまで煮てください。 ●S&B 濃いシチュー 4種のチーズはコンテ、モッツァレラ、カマンベール、ペコリーノロマーノ、厳選したチーズが贅沢に使われているので、ルウで手軽に作れるのに奥深い味わいのシュクメルリが楽しめます! #エスビー食品タイアップ

    • 1

      さつまいもは皮ごとひと口大の乱切りにし、水にさらしておく。 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。 玉ねぎはくし形切り、しめじは小房に分ける。

      工程写真
    • 2

      さつまいもの水気を切り、ボウルに加えふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で5分加熱する。

      工程写真
    • 3

      フライパンを中火にかけ、バターを溶かし、鶏肉を加え5~6分焼く。 玉ねぎ、しめじ、さつまいもを加え3分炒める。

      工程写真
    • 4

      水とS&B おろしにんにくを加え、2~3分煮て火を止める。 S&B 濃いシチュー 4種のチーズを加えて溶かす。

      工程写真
    • 5

      牛乳も加え、弱火でかき混ぜながらとろみがつくまで煮る。

      工程写真
    • 6

      器に盛り、あればS&B パプリカ(パウダー)をかけ、みじん切りにしたパセリ(生)をちらす。

      工程写真
    レシピID

    462793

    質問

    作ってみた!

    こんな「シュクメルリ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「さつまいも」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History