レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

鶏とワケギのうどん

主食

鶏とワケギのうどん
  • 投稿日2015/12/17

  • 調理時間15

わけぎをたっぷり加えて風味豊かに、鶏肉でボリュームと旨味もUP!たんぱく質も補給できます。 寒い季節に嬉しいカラダの中からあたたまるうどんレシピです。

材料2人分2人分

  • うどん
    2玉(400g)
  • 鶏もも肉
    1/2枚(150g)
  • 椎茸
    4枚
  • わけぎ
    4本
  • A
    だし汁
    400cc
  • A
    醤油・みりん・酒
    各大さじ2
  • (お好みで)七味唐辛子、すだち

作り方

ポイント

お出汁はこんぶやかつお、いりこなどお好みのものをご利用ください。 椎茸以外にしめじや舞茸などきのこをたくさん入れるのもおすすめです。 (スタイリング・撮影:小坂桂)G7

  • 材料はこちら。

    工程写真
  • 1

    鶏肉は一口大に、しいたけは石づきをとり、笠に切り込みをいれる。(飾り切り)  わけぎは小口切りにする。

    工程写真
  • 2

    鍋にAをいれて火にかけ、沸騰したら鶏もも肉と椎茸をいれ、アクを取り、弱火で3~4分で煮る。分量の半分のわけぎをいれて1分ほど煮る。

    工程写真
  • 3

    別の鍋に湯を沸かし、表示通りにうどんをゆで、水気をしっかり切って器に盛る。

    工程写真
  • 4

    (3)に(2)をかけて、残りのわけぎを盛りつける。 お好みで七味唐辛子やすだちをかけてお召し上がりください。

    工程写真
レシピID

128385

「鶏もも肉」の基礎

「しいたけ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History