レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

本みりんでふっくら♪鶏と卵の2色丼

主食

本みりんでふっくら♪鶏と卵の2色丼
  • 投稿日2021/09/14

  • 調理時間10(加熱時間を除く)

お気に入りに追加

69

ボウル1つでできるお手軽2色丼をつくってみました。 ポイントは鶏そぼろ、卵そぼろどちらにも入れる、本みりん。 仕上がりに照りが出るのはもちろん、鶏肉の臭みを抑え、上品な甘味とコクがプラスされます。 我が家の4歳になる娘も大好物で、混ぜご飯にしてあげるとスプーンが全然止まりません! 濃いめの味付けなので、お子さんが食べるときは量に注意してくださいね。 余ったそぼろは冷蔵で2~3日保存が可能です。 多めにつくって保存しておくと、色々な料理にアレンジができて便利ですよ♪ (レタスと和えてサラダにしたり、コロッケやポテトサラダの具として使うのもおすすめです。)

材料2人分

  • ご飯(温かいもの)
    茶碗2杯分
  • 青ねぎ(小口切り)
    適量
  • A
    2個
  • A
    マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん
    大さじ1
  • A
    白だし
    大さじ1/2
  • B
    鶏ひき肉
    150g
  • B
    おろししょうが
    約2cm(チューブ)
  • B
    めんつゆ(4倍濃縮)
    大さじ1
  • B
    マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん
    大さじ1
  • B
    片栗粉
    小さじ1

作り方

ポイント

・工程2で卵を溶く時、白身を切るようにしてしっかりとほぐすと仕上がりの色味が均一になります。 加熱後にほぐす時は、泡立て器を使うとより細かいそぼろになって見た目も◎。 ・鶏ひき肉は加熱しすぎるとかたくなってしまうので、最後に余熱で火を通すことでしっとりした仕上がりに。 それでも中まで火が通っていなかった場合は、追加で30秒ずつ加熱をして調整してください。 ・電子レンジの加熱時間はあくまでも目安です。機種によって加熱時間が若干異なるので様子を見て調整してください。 500Wの場合、卵そぼろ:1分50秒、鶏そぼろ:2分30秒×2回 700Wの場合、卵そぼろ:1分10秒、鶏そぼろ:1分30秒×2回が目安。 ・耐熱ボウルは直径約21cm×深さ約9cmのガラス製のボウルを使用しています。 #キッコーマンタイアップ

  • 1

    今回みりんは「マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん」を使用しました。

    工程写真
  • 2

    耐熱ボウルにA 卵2個、マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん大さじ1、白だし大さじ1/2を入れて菜箸などで白身を切るようにしっかりと混ぜる。ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱してしっかり火を通す。もしかたまっていない部分があったら、30秒ずつ追加で加熱する。 泡立て器や菜箸でよく混ぜてほぐし、皿に取り出す。

    工程写真
  • 3

    同じボウルにB 鶏ひき肉150g、おろししょうが約2cm、めんつゆ(4倍濃縮)大さじ1、マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん大さじ1、片栗粉小さじ1を入れて混ぜる。ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱し、よく混ぜてほぐす。もう一度同様に加熱し、よく混ぜてほぐす。しっかりとラップをかけ直して余熱で肉に火を通す。中まで火が通っていなかった場合は、追加で30秒ずつ加熱する。

    工程写真
  • 4

    器にご飯(温かいもの)を盛り、(2)の卵そぼろ、(3)の鶏そぼろをのせて青ねぎ(小口切り)を散らす。

    工程写真
レシピID

418354

「出汁」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

どんぶり」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

あーちゃん
Artist

あーちゃん

【美味しく食べて身体の中からキレイ&健康に𓂃𓈒𓏸𓎩】 ▷頑張らなくても続けられる健康系レシピ ▶︎レンジで時短・フライパンでお手軽 ▶︎糖質オフアドバイザー ◈1日3回×365日×〇〇年 生活に欠かせない「食」ですが、献立を考えるだけでも大変。 というより、ご飯のことを考えるだけでもため息が出ちゃう毎日ですよね。 「料理はちょっぴり苦手」 「子育て中で料理に時間はかけたくない」 「だけど家族の健康も気になるし…」 そんな皆さんの献立作りが、少しでも楽になるお手伝いができたら嬉しいです✧*。 ◈神奈川県在住。5歳の娘と主人の3人家族。 性格:面倒くさがり、苦手なこと:掃除、好きなこと:食べること。 最近は娘と一緒にアイロンビーズで色んなキャラクターを作ることにハマっています。

「料理家」という働き方 Artist History