ジッパー袋でできる!手軽な梅干し

20

2018.06.19

分類副菜

調理時間: 20分(漬け込み時間、乾燥時間等をのぞく)

ID 169208

榎本 美沙

少量、特別な道具も不要!手軽に作る梅干しです。

    材料

    (作りやすい量)
    梅(完熟梅) 1kg
    塩(梅用) 120g
    赤しそ 150g(梅酢が上がってきたから使用します。)
    塩(赤しそ用) 25g(梅酢が上がってきたから使用します。)

    作り方

    ポイント

    しそなしの白干梅をつくる場合は、工程3、4を省略します。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 梅はやさしく水洗いし、竹串を使ってなり口を取り除き、一つずつ丁寧に水気を拭き取る。
    2. ジッパー付き保存袋(ジップロック等)に、梅、塩を交互に入れて、空気を抜いて閉め、ホーロー製のバット等に入れる。
      (バットはステンレス製のものは避けます)
    3. 1の上に1kgの塩袋等を重石がわりにおいて、できれば1日数回上下を返す。
      (空気が入っている時は都度抜くようにします。)
    4. 2〜3日して梅酢(梅から出る水分)が出てきたら、赤しそを使う。
      赤しその枝を取り除き、洗って水気をよく切り、塩(赤しそ用)の半量をよく揉み込み、アクを出す。よく絞って水分を捨て、残りの塩を揉み込みさらに水分を捨てる。
    5. 3の赤しそに梅酢をかけてほぐし、梅の入った袋に加え、バットごと風通しのよい冷暗所においておく。
    6. 梅雨があけて晴天が3日間続く日を見計らって、ざる等に並べて天日干しをする。(梅酢は取っておきます。)(赤しそを一緒に干してゆかりにするのもおすすめです。)
      夜は室内に取り込み、できれば日中1度裏返します。
      最終日は梅酢も一緒に天日干しをします。また、最終日のみは夜も出しておき夜露に当てます。
    7. 清潔な瓶に5の梅、梅酢を入れる。すぐに食べられますが、2〜3ヶ月後から味がなじんでおいしく食べられます。(梅酢につけなくてもOKです。)
    65 176

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「梅干し 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは