お鍋でつくるローストビーフ〜トンナートソースをかけて〜

60

2020.07.09

分類主菜

調理時間: 1時間 0分

ID 394765

大家 輝

FOR THE TABLE

トンナートソースとは、イタリア風ツナマヨソースのことを言います。
ローストビーフや鶏ハム、蒸し鶏、豚ハムなど、さっぱり食べられる冷たいお肉料理との相性が抜群です。

今回はローストビーフにかけています。さっぱりした牛肉の旨味に、濃厚なツナマヨのソースが絶妙に風味を加えてくれて、とても美味しいのでオススメです。

    材料4人分
    牛モモ肉 450g(ブロック)
    A
    ローズマリー 1本(葉)
    A
    ブラックペッパー 適量
    A
    4g
    マヨネーズ 大さじ3
    レモン果汁 小さじ1
    B
    ツナ缶 1/2缶
    B
    ケッパー 大さじ1
    B
    アンチョビフィレ 1枚
    ブラックペッパー 適量
    ルッコラ 一掴み
    作り方
    Point!
    トンナートソースが固い場合は、生クリームや牛乳などで緩めましょう。

    牛モモ肉を湯煎するときは、ジッパー袋が溶けてしまわないように気を付けましょう。
    ゆっくり、じっくり湯煎するのが美味しさのポイントです。
    1. 牛モモ肉の表面にA

      ローズマリー 1本、ブラックペッパー 適量、塩 4g

      の材料を振りかけて、ジッパー袋に入れて、冷蔵庫で半日寝かせる。
    2. 半日寝かした牛モモ肉をジッパー袋から取り出し、フライパンで肉の表面の色が変わる程度にかるく焼く。

      焼けたらフライパンから取り出し、粗熱を取る。
    3. 牛モモ肉を再びジッパー袋に入れ、水を張った鍋の中に入れる。
      弱火に設定し、水温が65℃になるように保ちながら、牛モモ肉を30分〜50分程度ゆっくり湯煎していく。
    4. 鍋からジッパー袋ごと取り出してみて、写真のような肉汁が少し出てきたら、牛モモ肉の中心に温度計を差し込んで芯温を測る。
      芯温が60℃程度になれば、ジッパー袋ごと冷水に入れて冷ます。
    5. <トンナートソースをつくる>
      マヨネーズとレモン果汁、B

      ツナ缶 1/2缶、ケッパー 大さじ1、アンチョビフィレ 1枚

      をフードプロセッサーに入れて、ペースト状になるまで回す。

      ※フードプロセッサーがない人は、B

      ツナ缶 1/2缶、ケッパー 大さじ1、アンチョビフィレ 1枚

      を包丁でペースト状になるまで細かくみじん切りにして、マヨネーズとレモン果汁と合わせる。
    6. ローストビーフを充分冷ました後、薄く切って、お皿に盛り付ける。
      トンナートソースをかけて、ブラックペッパーを振り、ルッコラを盛り付ける。
    5 120
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ローストビーフ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。