レシピサイトNadia

    お鍋でつくるローストビーフ〜トンナートソースをかけて〜

    主菜

    お鍋でつくるローストビーフ〜トンナートソースをかけて〜

    お気に入り

    143

    • 投稿日2020/07/09

    • 更新日2020/07/09

    • 調理時間60

    トンナートソースとは、イタリア風ツナマヨソースのことを言います。 ローストビーフや鶏ハム、蒸し鶏、豚ハムなど、さっぱり食べられる冷たいお肉料理との相性が抜群です。 今回はローストビーフにかけています。さっぱりした牛肉の旨味に、濃厚なツナマヨのソースが絶妙に風味を加えてくれて、とても美味しいのでオススメです。

    材料4人分

    • 牛モモ肉
      450g(ブロック)
    • A
      ローズマリー
      1本()
    • A
      ブラックペッパー
      適量
    • A
      4g
    • マヨネーズ
      大さじ3
    • レモン果汁
      小さじ1
    • B
      ツナ缶
      1/2缶
    • B
      ケッパー
      大さじ1
    • B
      アンチョビフィレ
      1枚
    • ブラックペッパー
      適量
    • ルッコラ
      一掴み

    作り方

    ポイント

    トンナートソースが固い場合は、生クリームや牛乳などで緩めましょう。 牛モモ肉を湯煎するときは、ジッパー袋が溶けてしまわないように気を付けましょう。 ゆっくり、じっくり湯煎するのが美味しさのポイントです。

    • 牛モモ肉の表面にA ローズマリー1本、ブラックペッパー適量、塩4gの材料を振りかけて、ジッパー袋に入れて、冷蔵庫で半日寝かせる。

      工程写真
    • 1

      半日寝かした牛モモ肉をジッパー袋から取り出し、フライパンで肉の表面の色が変わる程度にかるく焼く。 焼けたらフライパンから取り出し、粗熱を取る。

      工程写真
    • 2

      牛モモ肉を再びジッパー袋に入れ、水を張った鍋の中に入れる。 弱火に設定し、水温が65℃になるように保ちながら、牛モモ肉を30分〜50分程度ゆっくり湯煎していく。

      工程写真
    • 3

      鍋からジッパー袋ごと取り出してみて、写真のような肉汁が少し出てきたら、牛モモ肉の中心に温度計を差し込んで芯温を測る。 芯温が60℃程度になれば、ジッパー袋ごと冷水に入れて冷ます。

      工程写真
    • 4

      <トンナートソースをつくる> マヨネーズとレモン果汁、B ツナ缶1/2缶、ケッパー大さじ1、アンチョビフィレ1枚をフードプロセッサーに入れて、ペースト状になるまで回す。 ※フードプロセッサーがない人は、B ツナ缶1/2缶、ケッパー大さじ1、アンチョビフィレ1枚を包丁でペースト状になるまで細かくみじん切りにして、マヨネーズとレモン果汁と合わせる。

      工程写真
    • 5

      ローストビーフを充分冷ました後、薄く切って、お皿に盛り付ける。 トンナートソースをかけて、ブラックペッパーを振り、ルッコラを盛り付ける。

      工程写真
    レシピID

    394765

    「レモン」の基礎

    「牛肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    「肉料理」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    大家 輝
    Artist

    大家 輝

    日々の食卓がもっと楽しくなるように、さまざまな形の食を提供している料理家です。旬の野菜から料理を考えたり、少し手間はかかるけど自家製でつくられる料理をご紹介しています。 「いろんな食材の使い方を知りたい。」 「いろんな料理を自分で挑戦してみたい。」といった方にとって、楽しくて参考になるようなレシピをアップしていきます。 【得意料理】 イタリア料理が得意ですが、白米にも合うように和のテイストを少し入れるように心がけています。 【経歴】 大阪の中之島にあるイタリアンレストランカフェで副料理長を勤めて、その後ケータリングと食のセレクトショップカフェのお店を創立。現在、料理家としてフードプロデュースなどの活動しています。

    「料理家」という働き方 Artist History