レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

塩だけで絶対に味が決まるコツあり!カブと葉のさっぱり浅漬け

副菜

塩だけで絶対に味が決まるコツあり!カブと葉のさっぱり浅漬け
  • 投稿日2022/04/24

  • 調理時間10

浅漬けがしょっぱすぎたり、塩が足りなくて漬からなかったりという経験はありませんか? 材料の分量をはかり、適正な塩分量にすると、いつも同じ味に仕上がります。 今回のカブとカブの葉の浅漬けは、2%。サラダと漬物の間のような、さっぱりとした浅漬けです。 1%でもなんとか浸かりますし、4%までは許容範囲。 お好みのパーセンテージをみつけて、さっと作れる浅漬けを楽しんでくださいね。

材料4人分

  • カブ
    100g
  • カブの葉
    100g
  • 4g

作り方

ポイント

・材料の水気をきちんと切っておくと、ぼんやりした味にならず、冷蔵庫で日持ちもします。 ・手でもむ(よく洗って!)ことで、なぜか美味しく仕上がります。4%くらいの塩を加えた場合は、もまなくても浸かります。 ・仕上げに鰹削り節や、すり白ごまを加えるのもオススメです。

  • カブとカブの葉は洗ってザルにあげ、水気をよく切っておく。

  • 1

    カブは4等分にしてから薄切りにする。 カブの葉小口切りにする。

  • 2

    ボウルに入れ、塩を高めの位置からふり入れ、手でもむ。

  • 3

    水気が出てきたら完成!

レシピID

436054

「かぶ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

浅漬け」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

fujinoniji 越野美樹
Artist

fujinoniji 越野美樹

1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、結婚後約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より新鮮で美味しい野菜が身近にある田舎暮らし。娘の通う学校の事務職をしながら、料理教室&食ライター生活のシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。基本調味料で野菜の美味しさを引き出すおうちごはんが得意です。食材と調理法を理解すれば、苦手な野菜も美味しく仕上がるということを伝えたいです。 趣味は美味しいものを食べることとピアノを弾くこと。 学生時代は、お祭り好きの静かな女と言われていました。 料理教室の生徒さんは、みなさんお料理に対する姿勢が変わった、家族が野菜を食べてくれるようになった、レシピを見ただけではわからない火加減や調理法がよくわかって料理の仕上がりが変わった、お腹いっぱい食べても元気に過ごせる、などと口々におっしゃいます。 旬の野菜を自分が食べたいと思う料理に仕上げること、野菜をよく見て切り方や調理法を考えること、素材によって火加減や水加減を調整すること。食材の選び方や、野菜を美味しく仕上げるためのちょっとしたコツなどをお伝えしています。

「料理家」という働き方 Artist History