レシピサイトNadia
    主菜

    【蓮根バーグ】つなぎなし!シャキシャキ&モチモチ

    • 投稿日2022/11/05

    • 更新日2023/01/18

    • 調理時間20

    我が家の定番、蓮根バーグ(レシピID409799)をアレンジした、新定番! 薄切り蓮根のシャキシャキ感と、すりおろし蓮根のもちもち感、両方を一気に味わえる、蓮根バーグです。 つなぎなしの贅沢な作り方で、食感は間違いなし! 照り焼きのタレも多めにして、甘辛で煮込みハンバーグのような気分を味わえます。 ヴィーガンながらとっても満足感のある「野菜の主菜」。 メイン料理として楽しめます。 ご飯のお供にもオススメです。

    材料2人分6個分

    • 蓮根
      1本(250g)
    • お好みの油
      大さじ2
    • 本みりん
      大さじ2
    • 醤油
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    ・蓮根はなるべく薄切りするとシャキシャキ感をより楽しめます。 ・フタをして焼く時、表面まで色が変わってきたら裏返します。 ・調味料を加える時、鍋肌から加えることで全体に広がります。 ・調味料は多めになっていますが、汁気が少なくなるまで煮切ることで、より満足感が感じられます。

    • 1

      蓮根を半分に切り、真ん中部分を12枚薄切りにする。

    • 2

      残りの蓮根をすりおろし、6等分にして小判型に丸める。

    • 3

      2に1の薄切りを両面に貼ってよくおさえる。

    • 4

      フライパンを弱火に熱してお好みの油を半量入れ、よく温まったら3を並べてフタをする。

    • 5

      5分ほどして表面が焼けたらひっくり返し、鍋肌から残りのお好みの油をくわえて裏面を焼く。

    • 6

      5分ほどして裏面が焼けたら、鍋肌から本みりんと醤油を加える。ひっくり返して表面にも絡ませる。

    レシピID

    448027

    質問

    作ってみた!

    こんな「れんこん挟み焼き」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「れんこん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    fujinoniji 越野美樹
    • Artist

    fujinoniji 越野美樹

    調理師•やさい料理家

    • 調理師

    1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、湘南で約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より中山間地の田舎暮らし。 フルタイム勤務をしながら、副業でライターを楽しむシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。 火加減や調理法、組み合わせを工夫して、日本の伝統食材や野菜のおいしさを引き出す料理が得意。 お腹いっぱい食べても元気に過ごせて、家族も喜ぶ料理を作り続けている。 生み出したレシピは700を超える。   料理講師を経て、現在は保育園で事務仕事をしながら副業でライターを楽しんでいる。 簡単!時短!野菜のおいしい食べ方など、講談社コクリコほか複数社でWEB投稿。 調理師。弁当歴14年。 フルタイムでも作れる、野菜料理の魅力とおいしさを、日本の次世代に広めたい。

    「料理家」という働き方 Artist History