レシピサイトNadia
    主菜

    【お惣菜アレンジ】コーンとかにかまのクリーミーコロッケ

    • 投稿日2021/06/17

    • 更新日2021/06/17

    • 調理時間40(コロッケのたねを冷やす時間は除く)

    かりかりのふわふわ。 みんな大好きなコーンを使って、こんなコロッケはいかがでしょうか。 お惣菜コーナーでかにかまサラダを見かけたら、このレシピのために、是非とも買って欲しいぐらいの自信の一品です。 かにかまやはんぺんのお魚のうま味のおかげで、味付け要らずの失敗知らずです。たね作りにボウルも必要ありません。片手鍋一つで作ります。どうぞ気軽にお作りください。 カネハツ食品さんの「サラダがあったら!かに風味サラダ」を使用しました。はんぺん×マヨネーズ×牛乳でしっとりクリーミー!だけど軽い味わいです。 エネルギー:382kcal 食塩相当量:0.9g

    材料4人分

    • じゃがいも
      大きめ3個(400~450g)
    • A
      かに風味サラダ
      一袋(170g)
    • A
      はんぺん
      一袋(90g)
    • A
      牛乳
      大さじ1
    • A
      冷凍コーン
      50g
    • A
      黒こしょう
      少々
    • 溶き卵
      2個
    • 小麦粉
      適量
    • パン粉
      適量(細目)
    • 揚げ油
      適量

    作り方

    ポイント

    *はんぺんと「かに風味サラダ」に味がちゃんとついているので、そのままでもいい塩梅になっているはずです。 ですが、足りなければ塩少々で加減してくださいね。 *パン粉は細目パン粉がおすすめです。生パン粉や荒目パン粉よりも油の吸収が抑えることができます。 *エネルギー、食塩相当量の表示値は一人前の目安です。 おいしく作れますように。

    • 使用した材料はこんな感じになります。じゃがいもは写真のもの、3個皮むき前の重量が440gでした。どうぞ参考になさってくださいね。

      工程写真
    • 1

      【じゃがいもの下ごしらえ】じゃがいもは皮をむき(多少皮が残っても大丈夫)、火を均一に通すため、6~8等分の大きさに切る。

      工程写真
    • 2

      片手鍋にじゃがいもが被るぐらいのひたひたの水に入れて火をかける。沸いたら火を弱めて、スッと箸が通り、柔らかくなるまで10~15分茹でる。 茹でている間に、はんぺんを袋の上からもんで潰しておく。

      工程写真
    • 3

      じゃがいもは茹でこぼし、鍋に戻し入れる。

      工程写真
    • 4

      スプーンやマッシャーを使い、粒が残る程度に細かめに潰す。

      工程写真
    • 5

      4にA かに風味サラダ一袋、はんぺん一袋、牛乳大さじ1、冷凍コーン50g、黒こしょう少々を加える。

      工程写真
    • 6

      しっかりと均一になるまで混ぜ合わせる。 ここで味見をしてみて、もしも足りなければ塩少々で加減してください。

      工程写真
    • 7

      平らにならし、見当をつけながら成形する。

      工程写真
    • 8

      小さめの小判型に成形し、24個分できました。 この状態で冷蔵庫で1時間冷やす。

      工程写真
    • 9

      【衣付けする】 小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣付けする。

      工程写真
    • 10

      時間に余裕があれば、もう一度、溶き卵、パン粉をつけて衣を二度付けする。 二度付けすることにより、衣が剥がれにくい、破裂しにくい、均一なきつね色になるといった効果があります。

      工程写真
    • 11

      【揚げる】揚げ油を高温(180度)に熱して揚げる。良いきつね色になれば引き上げる。

      工程写真
    レシピID

    414638

    質問

    作ってみた!

    こんな「クリームコロッケ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    管理栄養士ぶんちゃん
    • Artist

    管理栄養士ぶんちゃん

    • 管理栄養士

    大学生/管理栄養士 ○栄養成分がわかる ○お塩や油脂はできるだけひかえめ ○おいしさ × 健康 の両立を目指したレシピ 全てのご縁に感謝します💐 研究▶︎うま味やだしのおいしさについて 料理家▶︎アンバサダー、レシピ開発、提供等

    「料理家」という働き方 Artist History