レシピサイトNadia

    【ごはんが止まらない】豚こま肉となすと水菜の甘みそ炒め

    主菜

    【ごはんが止まらない】豚こま肉となすと水菜の甘みそ炒め

    お気に入り

    380

    • 投稿日2022/09/01

    • 更新日2022/09/01

    • 調理時間15

    ご飯が進みすぎて辛いくらい、、進みます。笑 じゅわっと甘辛いみそだれが染みたなすが、 口いっぱいに広がります♡ 甘辛な味付けなのでお酒も、ご飯もどんどん進みますよ♪ なすはすぐ使用するのであれば水に晒さずでok♪

    材料2人分

    • 豚こま肉
      200g
    • なす
      2本(大300g)
    • 水菜
      1/3束
    • A
      砂糖
      大さじ1と1/2
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      小さじ2
    • A
      みそ
      大さじ2と1/2
    • 白いりごま
      少々
    • サラダ油
      大さじ3

    作り方

    ポイント

    ■水菜は水っぽくなりやすいので、調味料とサッと合わせる程度で。炒めすぎてしまうと水菜やなすから水分が出て、味が薄まってしまいます。 ■なすは大きめの長なすを使用しました。一般的な大きさであれば、大体3本くらいになります。 ■豚ばら肉でも代用可能です。

    • 1

      なすは乱切りにしたら、5〜10分ほど水に晒してペーパーで水気を切る。水菜は根元を落とし、3〜4cm幅に切る。A 砂糖大さじ1と1/2、みりん大さじ1、酒小さじ2、みそ大さじ2と1/2は混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 2

      フライパンを熱しサラダ油をひき、なすを入れて中火で炒める。3〜4分ほど炒めて焼き色がついてきたら、一旦取り出す。

      工程写真
    • 3

      あいたフライパンにごま油(分量外・小さじ2)をひき熱し、豚こま肉を入れて中火で色が変わるまで炒め、A 砂糖大さじ1と1/2、みりん大さじ1、酒小さじ2、みそ大さじ2と1/2、なすを戻し入れて炒め合わせる。

      工程写真
    • 4

      水菜を加えて手早くサッと炒め合わせたら火を止める。器に盛り、白いりごまをふる。

      工程写真
    レシピID

    443952

    「豚肉」の基礎

    「なす」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    まいのごはん。
    Artist

    まいのごはん。

    =========================== 冷蔵庫にあるもので◎パパっと簡単・丁寧に 「めんどくさがりやの高みえレシピ」 ■Nadia受賞歴 2022.2~ 2022.3 Nadia 月間MVP受賞 2022.5 エスビー食品様 李錦記オイスターソースレシピコンテスト 特別賞受賞 2022.6 第1回「Nadia献立コンテスト」優勝 2022.12 Nadia 年間新人賞 ============================ ◎書籍『ほとんど100円なのに絶品100レシピ』 まだまだ2023年も物価高騰が続く中で 少しでも皆さんの家計のお役に立てれば…と作ったレシピが、 なんと、一冊の本になりました。 値段はもちろん、味も自信作ばかりの一冊です。 ※おかげさまでAmazon・楽天ブックス一位を獲得しました! ご購入いただいた方々、ありがとうございます。 是非、機会があったらお手にとっていただけたら嬉しいです。 ========================== ・料理研究家 / 元料理人 / 二児の母 / 東京都出身 ・元イタリアンレストラン料理人、保育園の幼児食や離乳食の調理師 等 ・食品メーカー・農家等、レシピ開発や撮影 ■TBS「ひるおび」コーナー出演、雑誌・新聞掲載 ■レシピ商品化、リーフレット掲載 ■レシピサイトアレンジレシピ優勝、レシピランキング年間一位を獲得 =========================== ・・書籍より・・ 「現在は、インスタグラムで自身のレシピを公開するほか、食品メーカーや農家のレシピ開発・撮影なども手掛ける。素材そのものの味を活かし、おなじみの食材と家にある調味料でササッと作れる「簡単・節約・愛されるレシピ」を提案。「めんどくさがり屋の高見えレシピ」をモットーに、共働きや子育てでがんばっているみなさんの一日をほっこりとしたものにし、やさしい気持ちになる瞬間を作る料理を日々届けている。」 ===========================

    「料理家」という働き方 Artist History