レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

タコとパプリカの爽やかマリネ

副菜

タコとパプリカの爽やかマリネ
  • 投稿日2022/05/24

  • 調理時間20(冷ます時間をのぞく。)

あたたかくなってきた季節に食べたい、タコとパプリカの爽やかなマリネ。 焼いたパプリカのとろんとした甘味と、塩味のある引きしまったタコの相性が良く、冷えた白ワインにピッタリな1品。 週末の一皿にいかがでしょうか。

材料4人分

  • 蒸しだこ 刺身用
    200g
  • パプリカ
    3個
  • 玉ねぎ
    1/8個
  • セロリ
    10センチ(茎の部分)
  • ディル
    3枝
  • A
    オリーブオイル、穀物酢
    各大さじ3
  • A
    小さじ1/2

作り方

ポイント

パプリカは全体に焦げ目が付くまでしっかり加熱します。熱いので、粗熱を取ってからむきます。 パプリカだけでも美味しいのですが、タコを加えてごちそう感アップ、夏バテにも◎にアレンジしました。 米酢はお好みでレモンにしたり、白ワインビネガーに変えてもOK。米酢はまろやかなので、パプリカの甘みで砂糖を入れなくても十分なのですが、お好みで調整してくださいね。ホワイトバルサミコもおすすめです。

  • パプリカは半分に切り、へたと種、白い部分を取る。 ※へたの部分は、親指で内側に押すときれいに取れます。白い部分はどちらでもOKですが、取ったほうが仕上がりがきれいになります。

  • 1

    パプリカを魚焼きグリルで15分〜20分、皮が真っ黒になるまで焼く。焼けたら粗熱を取る。

    工程写真
  • 2

    ①の間に、マリネ液を作る。 玉ねぎ、セロリをみじん切りにする。ディルの葉の部分も刻む。刻んだ野菜をタッパーに入れ、A オリーブオイル、穀物酢各大さじ3、塩小さじ1/2を加えてよく混ぜる。

    工程写真
  • 3

    蒸しだこ 刺身用は薄切りにする。 ※写真左手のように3等分にぶつ切りにしてから、縦に2〜4枚に薄く切るとやりやすいです。

    工程写真
  • 4

    焼いたパプリカの皮を手でむき、食べやすく3等分に切る。

    工程写真
  • 5

    タコとパプリカをマリネ液で和える。 冷蔵庫で1時間程度よく冷まして味を馴染ませる。

    工程写真
  • 6

    味見をして塩で味を整え、器にタコとパプリカを交互に盛る。上からドレッシングをかけて召し上がれ。

    工程写真
レシピID

437838

「玉ねぎ」の基礎

「たこ」の基礎

「セロリ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

マリネ」「おつまみ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

高橋 はるな
Artist

高橋 はるな

作りやすくて体に優しい、シンプルなおつまみごはん。オートミールやオイルを使ったヘルシーな手作りおやつが得意。 かつては大手航空会社の国際線ビジネスクラスのCAをしながら、世界各国の美味しいものを食べ歩き。そこで出会った様々な食文化やライフスタイルがレシピ作りにも生きています。 美味しいごはんとおやつを通して皆さまの健康と笑顔溢れる食卓と繋がれますように。 ▫️料理に関する資格▫️ ・東京會舘クッキングスクール特選コースディプロマ ・フードコーディネーター ・現在ワインエキスパートの勉強中 ▫️受賞▫️ ・白百合醸造 ロリアンマリアージュコンテスト「 優秀賞」

「料理家」という働き方 Artist History