レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

フルーツタルト

デザート

フルーツタルト
  • 投稿日2019/06/09

  • 調理時間60(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

フルーツをたっぷりのせた基本のフルーツタルト。 タルト生地、アーモンドクリーム、カスタードクリームと少し手間はかかりますが、出来上がった時の達成感はひとしお! フルーツはお好みのものをのせてアレンジしてみてください。

材料6人分直径18㎝のタルト型1台分

  • 無塩バター
    60g
  • A
    粉砂糖
    50g
  • A
    1つまみ
  • 溶き卵
    25g
  • 薄力粉
    125g
  • 無塩バター
    50g
  • グラニュー糖
    50g
  • 溶き卵
    50g
  • アーモンドパウダー
    50g
  • 卵黄
    3個
  • グラニュー糖
    60g
  • 薄力粉
    20g
  • 牛乳
    250ml
  • バニラビーンズ
    5㎝
  • 無塩バター
    20g
  • ピンクグレープフルーツ
    1/2個
  • キウイ
    1/2個
  • いちご
    8個
  • ぶどう(緑・種なし)
    6粒
  • ブルーベリー
    20g
  • B
    アプリコットジャム
    大さじ1
  • B
    大さじ1/2
  • セルフィーユ
    適量

作り方

ポイント

*タルト生地とアーモンドクリームに使用するバターとたまごは室温にもどしてから使用します。卵が冷たいと分離する原因になってしまうので、注意してください。 *フルーツは大きいものからのせるときれいに盛り付けができます。 *ぶどうは皮ごと食べられるものを使用しました。 *ナパージュの代わりにお手軽にジャムを使用してツヤを出しました。果物の乾燥を防いでくれる効果もあります。

  • 無塩バター60g、50gとタルト、アーモンドクリームに使用する卵は室温にもどしておく。 薄力粉125g、20g、アーモンドパウダーはそれぞれふるっておく。

  • 1

    【タルト生地を作る】 ボウルに無塩バター60gを入れて、泡だて器で白っぽくなるまで混ぜる。 A 粉砂糖50g、塩1つまみを加えて更にふんわりとするまですり混ぜる。

    工程写真
  • 2

    溶き卵25gを3回に分けて加えてその都度よく混ぜ合わせる。 薄力粉125gを加えてゴムベラで切るように混ぜる。 粉っぽさがなくなれば、ひとまとめにしてラップで包む。 めん棒で平らにして、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

    工程写真
  • 3

    オーブンシートの上に置いて打ち粉をして、めん棒でタルト型より約3㎝大きくのばす。 (生地がやわらかくなっしまったときは冷蔵庫で冷やす。) タルト型に生地をかぶせる。

    工程写真
  • 4

    生地の端を持ち上げて、型の側面に軽く押さえてなじませる。 型の上でめん棒をころがして、余分な生地を落とす。 再度、型の側面を軽く押さえてなじませる。

    工程写真
  • 5

    底一面にフォークでピケをして、冷蔵庫で30分以上休ませる。

    工程写真
  • 6

    【アーモンドクリームを作る】 無塩バター50gをボウルに入れて、泡だて器でなめらかになるまで混ぜる。 グラニュー糖50gを加えて、白っぽくなるまで更にすり混ぜる。

    工程写真
  • 7

    溶き卵50gを少しずつ加えてその都度よく混ぜ合わせる。 ふるったアーモンドパウダーを加えて混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 8

    オーブンを180度に予熱する。

  • 9

    5のタルトに7のアーモンドクリームを入れて、表面を平らにならし、180度に温めたオーブンで30~35分焼く。 焼きあがれば、型に入れたままケーキクーラーにのせて冷ます。

    工程写真
  • 10

    【カスタードクリームを作る】 ボウルに卵黄とグラニュー糖60gを入れて、泡だて器で白っぽくもったりとするまですり混ぜる。 ふるった薄力粉20gを加えてさっと混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 11

    バニラビーンズは縦に切れ目を入れて種をこそげ取る。 鍋に牛乳とバニラビーンズの種とさやを入れて中火にかける。 鍋肌がふつふつとする程度に温まれば、10に少しずつ加えてその都度泡だて器で混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 12

    こし器でこして鍋にもどし入れる。 泡だて器で手早く混ぜながら中火で加熱する。 とろみがついてきたらゴムベラに持ち替えて、更に1分ほど混ぜながら加熱する。

    工程写真
  • 13

    生地にツヤが出て軽くなれば火を止めて、無塩バター20gを加えて混ぜる。 バットに移して広げ、ピッタリとラップをかける。 氷水をはったバットに底をあてて急冷する。冷めたら冷蔵庫で冷やす。

    工程写真
  • 14

    ピンクグレープフルーツは皮を包丁でむいて房どりする。 キウイは皮をむいてくし形切りにして、長さを半分に切る。 いちごはヘタを切り落として、縦半分に切る。 ぶどう(緑・種なし)はたて半分に切っておく。

  • 15

    【組み立てる】 9のタルトを型から取り出して、13のカスタードクリームをのせる。 中央が少し高くなるようにする。

    工程写真
  • 16

    ピンクグレープフルーツ、キウイ、いちご、ぶどう(緑・種なし)、ブルーベリーの順にフルーツをのせる。

    工程写真
  • 17

    耐熱容器にB アプリコットジャム大さじ1、水大さじ1/2を入れて、電子レンジ600Wで約20秒加熱して冷ます。

  • 18

    17をハケで16のフルーツの上にぬり、セルフィーユを飾れば出来上がり。

    工程写真
レシピID

376339

コメント

送信

関連キーワード

スイーツ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

松井さゆり
Artist

松井さゆり

フードコーディネーター いつもの食卓に+Oneのアイデアを!料理の基本を大切に。添加物はなるべく使わない身体にやさしい食事がモットー。旬の野菜をたっぷり使用した毎日のごはんやおうちで簡単に作れるスイーツレシピをご紹介しています。 ◆レシピ開発 ◆コラム執筆 ◆フードスタイリング ◆料理教室 ♦経歴♦ 大阪出身 レコールバンタンフードコーディネーターコース卒業 *イタリアンレストランにてキッチンスタッフ・ホールスタッフとして勤務 *フードコーディネーター事務所に勤務・企業様のメニュー考案、撮影などに携わる *料理教室講師 ♦資格♦ *FCAJフードコーディネーター2級(食の商品開発) *だしソムリエ *発酵食エキスパート *jr野菜ソムリエ *JSAアイシングクッキー認定講師 *食品衛生責任者 ◆受賞歴◆ *2018年 Nadia【コラム賞】受賞 *2019年 レシピブログ「フーディストアワード2019」ホットケーキミックス部門【レシピ賞】受賞 *2020年 E・レシピ【秋のキノコレシピコンテスト】優秀賞受賞

「料理家」という働き方 Artist History