レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

フライパンひとつで簡単キーマカレー

主食

フライパンひとつで簡単キーマカレー
  • 投稿日2021/05/11

  • 調理時間30(ご飯を炊く時間は除く)

ひとつのフライパンに、時間差で材料を追加して作る簡単キーマカレー。 素材もスパイスも最小限でシンプルなレシピですが、深みのある本格的な美味しさです。 基本的にフライパン任せのお料理なので洗い物も少なく済むます。 忙しい時や簡単に済ませたい日の夕飯などにも是非ご活用ください♪

材料4人分

  • A
    玉ねぎ
    中1個
  • A
    クミンシード
    小さじ1
  • A
    サラダ油
    小さじ1
  • B
    豚ひき肉
    600g
  • B
    生姜のすりおろし
    1片分
  • B
    にんにくのすりおろし
    1片分
  • B
    カレー粉
    大さじ3
  • C
    300ml
  • C
    トマトペースト
    大さじ1(カゴメ トマトペースト ミニパック1袋分)
  • C
    中濃ソース
    大さじ1
  • C
    ローリエ
    1枚
  • ガラムマサラ
    小さじ1
  • 自然塩
    小さじ1
  • グリーンピース
    80g(フレッシュなものがなければ、ミニサイズの缶詰1缶分)
  • 固ゆで卵
    2個分
  • パクチー
    お好みの量
  • 白米
    2合
  • サフラン
    ひとつまみ

作り方

ポイント

・玉ねぎは蓋をしたまま加熱することで、付きっきりにならずに炒めることが出来ます。 時々、蓋を開けて上下を返していくうちに、だんだん水分が減ってきます。 半分程度の嵩になったら次の工程へ進みます。 飴色になるまで炒めなくても、水分が抜けて玉ねぎの甘さが引き出されていれば美味しく作れます。 ・グリーンピースはフレッシュなものがなければ缶詰でも良いですし、ひよこ豆(カルバンゾー)などでも美味しく作れます。 ・トマトペーストは、カゴメの小分けパックを1袋使っています。 使い切りで無駄が出ないのでオススメです。 ご参考までに写真を添付しています。 ・付け合わせは今回パクチーとゆで卵を紹介しましたが温泉卵や季節の野菜など、お好みのものを添えて味のコントラストを楽しんでください。

  • ・グリーンピースを蒸し炒めする 蒸し炒めとは→ 小さめの鍋にグリーンピースと、自然塩少々 水大さじ3 サラダ油数滴(分量外)を加え、蓋をして鍋底全体に火が掛かる程度の火加減で2分30秒加熱したら、ざるに上げておく。 ・玉ねぎをみじん切りにする

  • 1

    深さのあるフライパンへA 玉ねぎ中1個、クミンシード小さじ1、サラダ油小さじ1と自然塩ひとつまみ(分量外)を加え、蓋をして弱めの中火に掛ける。 時々、上下を返しながら水分が抜けて半分程度の嵩になるまで10分ほど加熱する。

  • 2

    B 豚ひき肉600g、生姜のすりおろし1片分、にんにくのすりおろし1片分、カレー粉大さじ3を加え、チリチリと音がするまで中火で炒め合わせる。

  • 3

    C 水300ml、トマトペースト大さじ1、中濃ソース大さじ1、ローリエ1枚を加え、蓋を開けたままトロリとするまで煮詰める。

  • 4

    仕上げにグリーンピースとガラムマサラを加え、自然塩で味を整える。

  • 5

    ご飯は白米でも良いが、お好みでサフランライスにしても美味しい。 白米を研いで2合分の水を加えたら、サフランをひとつまみ揉みながら加えて白米と同様に炊く。

  • 6

    付け合わせを準備する。 パクチー … ざく切りにする。 固ゆで卵 … お好みの厚さにスライスする。

  • 7

    お皿にサフランライスとカレーを盛り付けて、付け合わせを添える。

レシピID

412433

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

キーマカレー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

高窪 裕美子
Artist

高窪 裕美子

料理家・食空間コーディネーター 身体をきれいにするバランスの良い家庭料理と、シャンパーニュに合うおもてなし料理が得意です。 お料理が大好きで、さまざまなジャンルの料理を学んできましたが、たくさん学んで行きついた答えは、結局シンプルな調理法で素材を活かした料理が一番美味しくて身体に優しいということ。 美味しさを引き出す料理の基本を押さえた上で、出来るだけシンプルに作りやすいレシピを考案しています。 身体の中から美しくなるバランスの良い食事で、毎日の食卓が心豊かなものになりますように。 【食に関する資格】 料理技術検定証上級 食育インストラクター 【Diploma取得】 家庭料理、おもてなし料理、日本料理、フランス料理、イタリア料理、和菓子、洋菓子、天然酵母パン、シャンパーニュ、紅茶、テーブルコーディネート 【受賞歴】 テーブルウエアフェスティバル2012 テーブルウエア コーディネート部門 入選

「料理家」という働き方 Artist History