レシピサイトNadia

    煮ないであと1品♪「かぼちゃのはちみつ煮」

    副菜

    煮ないであと1品♪「かぼちゃのはちみつ煮」

    お気に入り

    250

    • 投稿日2021/10/30

    • 更新日2021/10/30

    • 調理時間10

    はちみつが香る やさしいかぼちゃ料理。 熱いうちに調味料に加えることで かぼちゃに味がぎゅ~っとしみ込みます! まるでコトコト煮込んだような仕上がりに♪ あと1品欲しい時にこのレシピを覚えておくと とっても便利です♪

    材料2人分

    • かぼちゃ
      1/8個分(種とわたを取る)
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      しょうゆ・はちみつ
      各小さじ2
    • A
      大さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ・はちみつを使うので1歳以下のお子さまには与えないで下さい。 ・皮が気になる方は、3㎝角に切る際に皮の所々を切ると歯触りが良くなります。 ・深めの耐熱ボウルを使うと、レンジ内で調味料が溢れるのを防ぎ、かぼちゃをそのままそこへ入れて作業できます。 ・冷めても味がさらに染みて美味しいので、作り置きにも便利です♪

    • かぼちゃを洗って、水気がついたままラップに包む。

      工程写真
    • 1

      かぼちゃをレンジ(600w)で約4分加熱し、ラップをつけたまま置く。 (竹串を通してスッと通ればOK。少し硬いようならさらに10秒ずつ加熱して柔らかくする。)

      工程写真
    • 2

      深めの耐熱ボウルにA 砂糖大さじ1、しょうゆ・はちみつ各小さじ2、水大さじ1/2を入れよく混ぜ合わせる。 ふんわりとラップをかけてレンジで2分加熱し、再度混ぜる。

      工程写真
    • 3

      かぼちゃを3㎝角に切り、まだ温かい工程2のボウルに入れ全体に絡ませて5分程馴染ませる。

      工程写真
    • 4

      最後に好みでいりごま(分量外・適量)を掛けて♪

      工程写真
    レシピID

    424856

    「かぼちゃ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    大西 麻子(さくら)
    Artist

    大西 麻子(さくら)

    料理家/ライター/野菜愛好家/ 夫と息子の3人暮らし。料理歴約30年。アメリカから帰国しました。 【得意とするお料理】 ●家庭料理 ・身近な材料で、一工夫ある料理 ・野菜や果物を使ったヘルシーなお料理 ・日本食材で作る外国の家庭料理 ●おもてなし料理 ・野菜や果物を使ったお酒に合うお料理 ・野菜や果物の色を活かしたおもてなし料理 ・日本食材で作る外国の料理 ・家庭で作る、レストランの再現レシピ (※こちらでは、家庭料理をメインにご提案しております。) 野菜や果物本来の色や香り、食感をとても大切にしています。 【生い立ち】 福井県出身。料理旅館で育った祖母の影響で、私が大の料理好きになったのは幼い頃。 幼稚園から台所に立ち、中学からは毎日の家族の食事作りを開始。〝家庭料理〟から〝おもてなし〟までをこなし、ノートいっぱいに研究を重ねる日々。料理歴はかれこれ30年以上です。 また、田畑のある環境で育った為、野菜への知識と愛情はみるみる増えました。大人になっても料理への熱意は変わらず、子供の頃から続く〝好き〟を追求し続けています。 お料理を通して、人と人との繋がりを生み出すお仕事だと思っております。 私の故郷の風景、海外の風景も一緒に届けられるようなレシピをご提案したいです。

    「料理家」という働き方 Artist History