Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】

    豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】 2分前

    109人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】

    豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】 2分前

    234人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ピリッと旨辛!こっくり茄子の甘酢炒め

    hoppeさんがレシピを投稿しました!4分前

  4. きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】

    きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】 5分前

    135人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. カリッとサクッとズッキーニのピカタ*クリームチーズ添え*

    かいえさんがレシピを投稿しました!8分前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

簡単5分♡モッツァトマトの味噌ラーメン!

5
ラーメンの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.09.20

分類主食

調理時間: 5分

ID359556

西井千里(ち~sun)

ち~sunの古今東西レシピ

とろぉ~りミルキーなモッツァレラとトマトの旨味が味噌スープにトロけて・・・♡
サクッと出来る幸せラーメンです(^^)

ラーメン トマト チーズ モッツァレラチーズ 袋麺 インスタントラーメン オリーブ油 簡単

このレシピをサイトに埋め込む

材料1人分
味噌ラーメン(袋麺) 1袋
モッツァレラチーズ 50g
トマト 1個
EVオリーブ油 適量
ドライパセリ 適量
作り方
Point!
◆2分程度で焼き上げるのが理想です。お使いの機種により時間が掛かるようなら、麺の湯で時間を短く切り上げて調整して下さい。ただし、最低限、ほぐせる程度には茹でて下さい。
  1. ◆ラーメン用に500㏄のお湯を沸かしておく。
    ◆トマトを角切りにし、モッツァレラチーズはスライスする。
  2. 味噌ラーメンを1分30秒茹で、付属のスープを入れて麺をほぐす。
  3. 深めの耐熱皿(オーブンで使えるもの)にラーメンとスープを入れ、トマトとチーズを乗せてEVオリーブ油をサッと回し掛ける。
  4. グリルやトースターでチーズが軽くとろけるまで焼いたらドライパセリを散らす。
    出来上がり♪

    ※お好みで七味をどうぞ。
7 64
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術
    存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術
    子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐
    暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐 この特集を読む
  5. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  6. PR 【PR】オーブンで簡単に香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」
    オーブンで簡単に香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」 この特集を読む
  7. PR 【PR】素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン
    素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  8. PR 【PR】BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン
    BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×紅生姜 (26) チーズ×残り物アレンジ (4) トマト×高野豆腐 (4) インスタントラーメン×鍋 (3) オリーブ油×黒こしょう (3) モッツァレラチーズ×豚肉 (3) ラーメン×麺類 (3) 袋麺×鍋 (3)
もっと見る

「ラーメン 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents