レシピサイトNadia

    鶏肉とタケノコのあっさり照り焼き

    主菜

    鶏肉とタケノコのあっさり照り焼き

    お気に入り

    129

    • 投稿日2021/04/25

    • 更新日2021/04/25

    • 調理時間20

    控え目な甘辛味でタケノコの甘みや風味を楽しめる一品です。ご飯のお供にはもちろん、お酒のアテにもぴったりです。鶏肉はジューシーに、タケノコは外を芳ばしく仕上げたいので別々に炒めます。ひと手間ですが、仕上がりが格段に良くなります♪ ◆市販のタケノコ水煮を使用する場合◆ 鍋で沸騰させたお湯で5分程度煮てから、流水で冷めるまでさらして下さい。そうすることで酸味が抑えられます。

    材料2人分

    • 鶏もも肉
      280g
    • タケノコ(下茹で済み)
      ½個(120g)
    • 菜の花
      4本
    • ひとつまみ
    • 薄力粉
      適量
    • A
      醤油・酒・みりん
      各大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • 炒め油
      小さじ2

    作り方

    ポイント

    ・鶏肉を炒めたら調味料を入れる前にフライパンの中の油を拭き取ることで、あっさりと仕上がります。 ・フライパンをゆすることで水分が蒸発していき、味が濃くなっていきます。

    • 【材料を切る・下味を付ける】 鶏もも肉は一口大に切り、全体に塩と薄力粉をふる(薄力粉は全体に薄く付く程度)。 タケノコ(下茹で済み)は一口大にきる。菜の花は5cm長さに切り、ラップをして電子レンジ(600w)で30秒加熱する。

      工程写真
    • 1

      【炒める】 フライパンをあたためて炒め油をひき、タケノコを入れて中火で3分、全体に焼き色がつくまで炒める。一旦取り出す。

      工程写真
    • 2

      同じフライパンで鶏もも肉の片面を中火で1分30秒づつ加熱して焼き色を付ける。弱火にし、蓋をして2分蒸し焼きにする。フライパンの中の油をキッチンペーパーで軽く拭き取る。

      工程写真
    • 3

      炒めたタケノコ、混ぜ合わせたA 醤油・酒・みりん各大さじ1、砂糖小さじ1を加え、強火で2分、フライパンをゆすって水分を飛ばしながら炒める。

      工程写真
    • 4

      【盛り付ける】 炒めた照り焼きを器に盛り付け、菜の花を添えて完成!

      工程写真
    レシピID

    411569

    「鶏もも肉」の基礎

    「醤油」の基礎

    「たけのこ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    三浦ユーク
    Artist

    三浦ユーク

    料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。作っていただいたレシピが「家庭の味」になり、代々受け継がれる様な愛されるレシピ作りを目指しています。

    「料理家」という働き方 Artist History