(飲める煮魚)圧力鍋で!骨までおいしいカラスカレイの煮付け

35

2020.04.13

分類主食

調理時間: 35分(魚を解凍する時間は含まない)

ID 389570

さいとうあきこ

圧力鍋研究家。圧力鍋のお料理講座を開催しています。

我が家では、カラスカレイといえば、圧力鍋で骨まで食べられる煮付けにするのが定番。
ほろほろと骨まで柔らかいので、盛り付けるのに一苦労するほど。
これぞ、圧力鍋だからできる食感です。
カラスカレイは、脂が乗っているので、高温・高圧調理しても、身がパサつかずふっくら。
中骨やエンガワまでも、つるりと丸ごと食べられます。

    材料5人分
    カラスカレイ(切り身・解凍) 5切れ(4切れでも同様に作れます)
    A
    砂糖 大さじ2
    A
    100ml
    A
    250ml
    しょうゆ 大さじ3
    しょうが 1かけ
    作り方
    Point!
    ・カラスカレイは、醤油を入れて圧力調理すると、身の色がびっくりするくらい黒くなります。
    そのため、このレシピでは、しょうゆは最初から加えず、仕上げに入れています。
    ・使う圧力鍋の圧力値によって、食感が異なります。超高圧タイプの圧力鍋で作ると、中骨も縁側もトロトロ柔らかくなり、
    まさに「飲める」くらいの食感になります。圧力が低いタイプのお鍋の場合は、骨の食感が残ります。ご了承ください。
    1. カラスカレイ(切り身・解凍)さっと水洗いして水気を拭く。
      しょうがは皮をむいて千切りにして、皮は残しておく。
    2. 圧力鍋に、A

      砂糖 大さじ2、酒 100ml、水 250ml

      としょうがの皮を入れて火にかけ、沸騰したらカラスカレイを並べて、フタを閉める。
    3. 高圧にセットして火にかけ、沸騰して圧力がかかったら、圧力をキープするくらいの弱火にして、15〜30分(※)加圧調理する。

      ※加圧時間は魚の大きさ、使う圧力鍋によって異なります
    4. 加圧時間が終わったら、火を止めて、圧力が下がるまで待つ
    5. 圧力が下がったらフタを開けて、仕上げのしょうゆを加え、
      軽く煮詰める。皿に盛り付け、しょうがの千切りをのせる。
    28 121
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「圧力鍋 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。