ゴーヤのたまとろ丼

5

2016.08.09

分類主食

調理時間: 5分(ゴーヤの苦味を抜く時間を除く)

ID 140947

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

ゴーヤの苦味と卵のコクが混じりあった即席のたまご丼ぶりです。
味付けは白だしだけで、ゴーヤの苦味をはじめトマトの酸味なども加わり素材の味が楽しめます。
あん仕立てにするとごはんもすすみますので、食欲がないときにもおすすめの1品です。

ヤマキ株式会社

材料

2人分
ヤマキ 割烹白だし 小さじ2
ゴーヤ 小1/2本(約80g)
豚ひき肉 100g
4個
ミニトマト 4個
ごま油 大さじ2
水溶き片栗粉 適量
A
ヤマキ 割烹白だし 大さじ2
A
120ml
A
七味 少々

作り方

ポイント

《POINT》
・溶き卵を入れる際は、フライパンをしっかりと熱してから流し入れ、入れると同時に火を止めるくらいの気持ちで調理すると半熟がしっかり残ります。
・あんを作る際は、しっかりとふつふつしている状態でとろみをつけてください。
  1. ゴーヤはわたの部分を取り除き、1cm幅の角切りにする。海水よりやや濃いくらいの塩水に10〜15分漬けて苦味を抜き、ザルにあけ、水気を切る。
    白だしと卵は混ぜ合わせておき、別の器にA

    ヤマキ 割烹白だし 大さじ2、水 120ml、七味 少々

    も混ぜ合わせておく。トマトはへたを取り、縦1/4にカットする。
  2. 温めたフライパンにごま油をひき、ゴーヤ、豚肉を入れる。中火で豚肉をほぐしながら火が通るまで炒める。強火にし、トマト、溶き卵を流し入れ、手早く混ぜ合わせたらすぐに火を止める。
  3. 器にごはんを盛り付け、1をかける。別の手鍋にA

    ヤマキ 割烹白だし 大さじ2、水 120ml、七味 少々

    を入れ、ひと煮立ちさせる。水溶き片栗粉でとろみをつけ、丼の上にかける。
11 74

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

お気に入り度

レシピの関連キーワード Keywords

どんぶり フライパン ごはん ゴーヤ トマト ヤマキ スタミナ ミニトマト ごま油 ひき肉 豚肉 食欲がないときにもオススメ

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは