レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

鶏むね肉とアボカドの彩りカシューナッツ炒め

鶏むね肉とアボカドの彩りカシューナッツ炒め
  • 投稿日2013/11/21

  • 調理時間15

塩麹でつけてやわらか、さらにアボカドを加えることであっさり胸肉が美味しく食べられます。パプリカのビタミンCが鶏肉のコラーゲンを効率よく吸収してくれるので皮もはがさず一緒に食べるのがおすすめ! お肌に嬉しいアンチエイジングおかずです☆彡 

材料2人分

  • 鶏むね肉
    1枚
  • アボカド
    1/2個
  • パプリカ(赤・黄)
    各1/4個
  • エリンギ
    1本(40g)
  • カシューナッツ
    40g
  • A) 塩麹
    大さじ1.5
  • A)酒
    大さじ1
  • 片栗粉
    大さじ2
  • B)醤油・オイスターソース・酢
    各大さじ1
  • B)きび砂糖
    大さじ1/2
  • ごま油
    大さじ1

作り方

ポイント

・塩麹は焦げやすいので、片栗粉をつける前にキッチンペーパー等でふき取って下さい。 ・完熟アボカドはお肉によく絡みつきますし、食べごろになったばかりのものも形がしっかり残って食感を楽しめるのでどちらを使用するのもおすすめです。

  • 1

    【下準備】 ・胸肉は2㎝角に切り、Aに30分漬けておく。 ・アボカド、パプリカ、エリンギは1~2㎝幅に切る。 ・Bは合わせておく。

  • 2

    胸肉の塩麹をキッチンペーパーでふき取り、水気をとって片栗粉をはたく。 フライパンを熱してごま油をひき、胸肉を皮目から焼く。

  • 3

    両面こんがり焼けたら、パプリカとエリンギを炒め合わせる。 Bの調味料とカシューナッツを入れ、汁気が半分になったところでアボカドを加え、炒め合わせる。皿に盛る。

レシピID

110578

「鶏むね肉」の基礎

「パプリカ」の基礎

「アボカド」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

緑川鮎香
Artist

緑川鮎香

アボカド料理研究家、管理栄養士、フードコーディネーター 学生時代にアボカドについて研究し、管理栄養士の資格を取得。 輸入食材を扱う食料品店で、7年間世界各国の食材やワインについて学ぶ。祐成陽子クッキングアートセミナーにてフードコーディネーターの資格を取得。 卒業後に退職しフリーランスの道へ。 “アボカド料理研究家”して活動。 色々な食材と合わせたり調味料を変えるだけで無限の料理の可能性を秘めている『アボカド』カフェ風、お洒落な一品、おつまみ…etc 美味しいのはもちろんのこと、アボカドの栄養価と良質な脂質に着目し、毎日の健康やアンチエイジング、美味しく無理のないダイエットにも、 アボカドを使ったさまざまなお手軽創作料理を紹介していきます。 【資格】管理栄養士・フードコーディネーター・オリーブオイルジュニアソムリエ

「料理家」という働き方 Artist History