レシピサイトNadia
    主食

    『きのこたっぷり!我が家のこだわりチキンカレー』#やみつき

    • 投稿日2017/03/08

    • 更新日2017/03/08

    • 調理時間50(鶏肉を漬け込む時間を除く)

    ほろほろとやわらかなチキンが贅沢な我が家のチキンカレー。 ポイントは飴色玉ねぎ。通常は時間をかけて作りますが、焦げを活用して短時間で作れるように工夫しています。 クミンシードがあれば、いつもとはひと味違う本格的なカレーに仕上がりますよ^^

    材料4〜5人分

    • 鶏もも肉
      500g
    • エリンギ
      200g
    • 玉ねぎ
      1個
    • トマト(中玉)
      2個(トマト缶100gでも代用可能)
    • A
      生姜のすりおろし
      小さじ1
    • A
      にんにくのすりおろし
      小さじ1/3
    • A
      プレーンヨーグルト
      大さじ2
    • A
      カレー粉
      大さじ1/2
    • A
      小さじ1
    • A
      こしょう
      少々
    • クミンシード(あれば)
      ひとつまみ
    • 薄力粉
      大さじ2/3
    • 2カップ
    • B
      カレールー
      80g
    • B
      ウスターソース
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ▪️飴色玉ねぎのポイントは焦げ。単なる焦げではなく、野菜の旨味の一つです。少し焦げてきたら、全体に馴染ませるように炒めるようにし、短時間で玉ねぎの甘み、旨味のある飴色に仕上げます。 ▪️鍋はストウブやル・クルーゼ、フィスラーなど、保温性の良いものがおすすめです。 ▪️薄力粉で具材が鍋底にくっつかないように、水を加えたとき・30分煮た後は、底からひと混ぜするようにしてください。

    • ▪️鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。ポリ袋の中に鶏肉とA 生姜のすりおろし小さじ1、にんにくのすりおろし小さじ1/3、プレーンヨーグルト大さじ2、カレー粉大さじ1/2、塩小さじ1、こしょう少々を入れてよく揉み込み、冷蔵庫に半日おく。

      工程写真
    • 1

      ▪️玉ねぎは半分に切り、繊維を断つ方向に薄切りにする。 ▪️エリンギは食べやすい大きさの薄切りにする。 ▪️トマト(中玉)はざく切りにする。

    • 2

      ▪️飴色玉ねぎを作る。 フライパンに少量のサラダ油を熱し、玉ねぎとひとつまみの塩(分量外)を入れて中火で炒める。玉ねぎに焦げ色がついたら水(大さじ1)を加え、焦げ色を全体に馴染ませるように炒める。再び焦げ色がついたら水(大さじ1)を加えてよく炒め、火を止める。

      工程写真
    • 3

      鍋にサラダ油(大さじ1)とクミンシード(あれば)を入れて中火で香りがするまで炒める。エリンギを加えてしんなりするまで炒めたら、②の玉ねぎとトマトを加えて水分を飛ばすようによく炒める。

      工程写真
    • 4

      ③に、漬け込んだ鶏肉と薄力粉を加えて混ぜる。水を加えてひと混ぜし、煮立たせる。蓋をして弱火にし、30分煮る。

      工程写真
    • 5

      蓋を取り、再度ひと混ぜいし、B カレールー80g、ウスターソース小さじ1で調味する。

      工程写真
    レシピID

    147065

    質問

    作ってみた!

    「カレー」の基本レシピ・作り方

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「きのこ」の基礎

    「エリンギ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    tomoko
    • Artist

    tomoko

    料理家

    【野菜が好きになる♪栄養満点レシピ】 \食べ盛りの子どもたちに/ 体に優しい!野菜とお肉の満腹おかず🍚🥢 気づいたら野菜好き♪苦手野菜の克服にも✨ ---プロフィール--- 息子(10才)と娘(6才)の母。愛知県在住。 2014年からNadia artist として活動を始める。 『父の日の、スタミナ肉レシピコンテスト』にてグランプリ受賞、monthly MVP で編集部賞受賞。 Naidaコラム執筆や企業のレシピ開発、レシピ本(Nadia magazine、なつかし洋食 あかぬけ中華 一生好きな町中華等)への掲載など。 大好きな野菜を毎日飽きずに美味しく、家族にまた食べたい!と言ってもらえるようなレシピをInstagramやブログで発信中。

    「料理家」という働き方 Artist History