レシピサイトNadia

    苦さ克服。ごはんがすすむ『ピーマンのきんぴら』作り置き

    副菜

    苦さ克服。ごはんがすすむ『ピーマンのきんぴら』作り置き

    お気に入り

    931

    • 投稿日2019/03/20

    • 更新日2019/03/20

    • 調理時間10

    にんにくをプラスすることで、ピーマンの苦みも気にならなくなります♪ 火を加えるので、にんにく臭さもなく朝ごはんやお弁当にも重宝しますよ。

    材料2人分

    • ピーマン
      4個
    • 魚肉ソーセージ
      1本
    • A
      しょうゆ
      大さじ1/2
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      にんにくチューブ
      2㎝
    • 白ごま
      小さじ1
    • ごま油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ■ピーマンはしっかりと炒めればより苦みが気にならなくなります。ピーマン好きな方は、強火でサッと炒めるくらいで充分です!

    • 魚肉ソーセージは縦半分にカットして斜め薄切り(3ミリくらいにしました)、ピーマンは種とヘタを取り除いて2~3mmの千切りにします。

      工程写真
    • 1

      フライパンにごま油を入れ、魚肉ソーセージに香ばしい焼き色が付くまで炒めます。 焼き色が付いた方が断然おいしくなりますよ♪

      工程写真
    • 2

      魚肉ソーセージに焼き色が付いたら、ピーマンを加えて炒めます。 しっかり炒めるほどしんなりして、苦みが気にならなくなりますよ。 シャキシャキほろ苦が好きな方は、さっと炒めでどうぞ♪

      工程写真
    • 3

      A しょうゆ大さじ1/2、みりん大さじ1、にんにくチューブ2㎝を入れて汁気が無くなるまでサッと炒め、仕上げに白ごまをふって完成です。

    レシピID

    373751

    「ピーマン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「ピーマン」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History