なすの色がきれいな夏野菜の揚げ浸し

15

2019.06.12

分類副菜

調理時間: 15分

ID 376710

両角舞

料理研究家/フードコーディネーター/漢方スタイリスト

夏野菜が安くておいしい季節におススメです。
レシピは簡単に3種類の野菜で作っていますがかぼちゃやズッキーニ、インゲンなども入れると美味しいです。
野菜を増やす場合は浸し地を適宜増やして作ってください。

    材料

    2人分
    なす 1本
    赤パプリカ 1/2個
    ししとう 4本
    A
    だし 240㏄
    A
    醤油 40㏄
    A
    みりん 40㏄
    A
    おろし生姜 小さじ1/4
    揚げ油 多め

    作り方

    ポイント

    せっかく作ってもなすが変色するとテンションが下がるので、色鮮やかに作るポイントをまとめました。
    ①皮に飾り包丁を入れることで火が通りやすく短時間で揚がるようにする
    ②しっかりと塩水にさらしてあく抜きをする(まな板の上でも変色が始まるので切ったらすぐ塩水へ)
    ③なすは皮を下にして油に入れる
    ④揚げ油に一気にたくさん入れず数回に分ける
    ⑤網に取った時に重ならないように置く(なすから出る蒸気や水分で変色しやすくなるので)
    1. なすは長さを半分、縦に4等分に切り皮に飾り包丁を入れ塩水にさらす。
      ※水面から浮いて露出してしまうので濡れたキッチンペーパーで断面が空気に触れないように覆う。アクで水が色づいてきたら水を変える。
    2. 赤パプリカはなすと同じくらいの大きさに切る。ししとうは数か所に穴を開けておく。
    3. 揚げ油を180度に熱し、野菜を素揚げする。なすはしっかりと水気を拭き取ってから、皮を下にして油に入れる。
      ※一気にたくさん入れると変色の原因になるので、一度に入れる野菜の量は揚げ鍋の油の表面積の2/3くらいを目安に。
    4. 揚がったら網に取り油を切る。
      なす同士を重ねると熱で蒸れて変色するので少し離しておく。
    5. A

      だし 240㏄、醤油 40㏄、みりん 40㏄、おろし生姜 小さじ1/4

      をあわせたものに揚げた野菜を漬け込む。
    26 116

    コメント・感想 Comment

    ももんぼ さん
    2019.06.12 15:24

    色よく仕上げるコツまで丁寧にまとめていただき、とてもありがたいです!

    両角舞
    両角舞 さん
    2019.06.12 15:17:36

    コメントありがとうございます😊試してみてくださいね。

    感想をもっと見る(ログイン)

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「野菜のおかず 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。