レシピサイトNadia
    副菜

    副菜におすすめ♡基本の『小松菜と油揚げの煮びたし』

    • 投稿日2019/12/13

    • 更新日2019/12/13

    • 調理時間5(冷ます時間は除く)

    小鉢としておすすめの1品です♪冷蔵で3日ほど日持ちします。

    材料2人分

    • 小松菜
      80~100g
    • 油揚げ
      15~20g
    • A
      200ml
    • A
      ほんだし
      小さじ1
    • A
      醤油
      大さじ1
    • A
      大さじ1
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ1/2

    作り方

    ポイント

    小松菜の茎と葉を分けて加えるのがポイントです。

    • 油揚げは熱湯をかけ油抜きをする。

    • 1

      小松菜は3~4㎝幅に切り、茎と葉に分ける。 油揚げは短冊切りにする。

      工程写真
    • 2

      鍋もしくは小さめのフライパンにA 水200ml、ほんだし小さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1/2を入れ煮立たせる。

      工程写真
    • 3

      小松菜の茎を入れ1分煮たら、

      工程写真
    • 4

      小松菜の葉と油揚げを加え1分~2分程煮る。

      工程写真
    • 5

      火を止め、そのまま冷ましながら味をしみ込ませる。

      工程写真
    • 6

      冷たいままでもおいしいですし、 食べる直前に温めなおしても◎

    レシピID

    383637

    質問

    作ってみた!

    • ナムディ
      ナムディ

      2024/03/16 09:11

      副菜にとても美味しくいただきました😊 また作りたいと思います✨😌✨
    • ひぃ
      ひぃ

      2024/02/09 18:37

      小松菜の副菜は、いつもは普通に醤油と鰹節と和えちゃうだけが多いですが、優しい煮浸し食べたいってことで作りました。 今回は、横着してレンチンで!!レンチンしてもしっかり味が染みていて美味しかったです。 安定のだいすきりなてぃさんレシピ、また作ります✨
    • ありみ
      ありみ

      2024/01/12 13:48

      すごく、おいしかったです♡。大好きな、レシピです♡。小松菜が、お父さんのお野菜です♡。
    • 287453
      287453

      2020/03/28 20:01

      小松菜もお揚げも冷凍モノで保存してあったところ、さっと一品が出来て感激です!

    こんな「煮浸し」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「油揚げ」の基礎

    「出汁」の基礎

    「小松菜」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History