レシピサイトNadia
    副菜

    副菜にもおつまみにも◎『大根の和風ツナマヨサラダ』

    • 投稿日2020/11/10

    • 更新日2020/11/10

    • 調理時間5

    この時期なにかと冷蔵庫にひそみがちな大根で もう一品♡ツナときゅうりを加えてマヨ和えに! プラス鰹節を入れて和のテイストを加えることで 大根がよりサラダに馴染みます(﹡ˆoˆ﹡)❤︎

    材料2人分

    • 大根
      2㎝
    • ツナ
      1缶
    • きゅうり
      1/2本
    • A
      鰹節
      1袋(2.5g)
    • A
      マヨネーズ
      大さじ2
    • A
      醤油
      小さじ1弱
    • A
      砂糖・酢
      各小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ※大根は葉に近い上の部分をご使用下さい! 水分が多く甘みが強い部分で、サラダなどの生食に向いています♪

    • 1

      大根は皮を厚く剥き、薄くスライスし、細切りにする。 きゅうりは輪切りにし、塩ふたつまみを振ってしばらく置き、その後水気をギュッと絞る。 ツナの油を絞る。

      工程写真
    • 2

      ボウルに1とA 鰹節1袋、マヨネーズ大さじ2、醤油小さじ1弱、砂糖・酢各小さじ1/2を加え和える。

      工程写真
    レシピID

    401209

    質問

    作ってみた!

    • ありみ
      ありみ

      2024/04/11 09:21

      リピして、作りました♡。きゅうりが、はいっているので、こどもも、食べやすかったです♡。すごく、おいしかったです♡。大根が、お父さんのお野菜です♡、
    • ありみ
      ありみ

      2024/01/31 13:15

      すごく、おいしかったです♡。きゅうりと、大根の相性が、ばっちりでした♡。大根が、お父さんのお野菜です♡。
    • そらまめ
      そらまめ

      2023/04/03 13:41

      簡単で家にある調味料で作れてとっても美味しかったです♪♪
    • とーるじーじ
      とーるじーじ

      2022/06/22 13:33

      各素材の下準備が出来たら、あとは調味料と混ぜ合わせるだけなので料理経験の浅い私でも簡単に美味しく出来ました。
    • みきプルーン
      みきプルーン

      2022/01/20 20:18

      とても美味しくてお箸が止まらなくなりました😆 またすぐに作りたいです✨ いつも素敵なレシピをありがとうございます😊🙏

    こんな「サラダ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「大根」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History