レシピサイトNadia
    • 公開日2017/02/15
    • 更新日2017/02/15

    切り干し大根ってすごい! 煮物だけじゃない、切り干し大根の徹底活用術

    切り干し大根は日もちがよく手軽に常備できるので、お料理にも使いやすい食材です。じつは栄養価も高く、毎日のおかず作りに頼もしい味方。煮物に使われることが多い切り干し大根ですが、使い方次第でさまざまな食べ方ができます。レシピとあわわせて、おいしい戻し方もご紹介しますよ♪

    このコラムをお気に入りに保存

    108

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    切り干し大根ってすごい! 煮物だけじゃない、切り干し大根の徹底活用術

     

    切り干し大根の栄養

    切り干し大根は、その名の通り、細切りにした大根を干して作られたものです。もともと90%以上が水分でできている大根ですから、干すことで、うまみと栄養がギュギュッと凝縮されています。

    そんな切り干し大根には、うれしい栄養がいっぱい。カルシウムや鉄分といった、身体を形づくる上で欠かせない栄養素はもちろん、脂質を吸着し、体外に排出してくれる働きのある食物繊維もとても豊富に含まれているんです。ほかにも、むくみを改善してくれるカリウムや、同じく疲労回復に効果のあるビタミンB1、B2といった成分も含まれています。

     

    切り干し大根を使うメリットは?

    何よりうれしいのは、切り干し大根は生の大根と比べると栄養がギュギュッと詰まっていること。だから、少量を食べただけでも、効率的に栄養がとれるんです。そして、水分を含んでかさが増えることで、満腹感が得られやすく、ダイエットにも最適です。

    また切り干し大根は、太陽の光で天日干しされることで、甘みやうまみがグンと増しています。ですからお料理にうまく使うと、砂糖など甘みのある調味料を使わなくても満足感のある味わいに仕上がるんです。

    そして、軽くて長期保存ができるという点も大きな魅力のひとつ。ぜひ常備して、いろいろなお料理に活用してみましょう!

     

    切り干し大根の上手な戻し方

    水で戻してから使うことの多い切り干し大根ですが、うまく戻さないとせっかくの風味や食感が失われてしまいます。いくつかコツがありますので、しっかり押さえておいしく楽しみましょう。

     

    ① 水にあまり長くつけすぎない

    上手に戻す一番のコツは、ズバリ水にあまり長くつけすぎないこと。天日干しによって作られていますので、まずは何度か水を替えながら流水でもみ洗いをします。それから、改めて水に15~20分ほどひたすくらいがちょうどいいようです。

     

    ② 急ぐ場合はお湯で戻す

    「どうしても早く使いたい!」という場合はお湯で戻します。お風呂より熱いくらいのお湯(50℃くらい)がちょうどいい温度です。お湯を使えば、数分であっという間に戻りますよ。

     

    ③ 戻し汁まで使い切る

    水で戻してから使う場合は、その戻し汁のほうにも栄養が溶け出しています。ぜひ戻し汁ごと調理に使ってしまいましょう。戻し汁を使わないお料理の場合は、汁だけ冷凍しておきます。冷凍しておいた戻し汁をお味噌汁やスープなどに入れると、うまみが増してとてもおいしくなります。

     

    ④ 切り干し大根を戻さずに使うのもアリ!

    活用レシピでもご紹介していますが、切り干し大根を戻さずそのままお料理に加えてしまえば、栄養とうまみを逃さず味わえるので、おすすめです♪

     

    切り干し大根のおいしい活用レシピ

    クセが少なく、生でも火を通しても食べられる切り干し大根は、さまざまなお料理に大活躍! 毎日の食卓に少しずつ加えて楽しみたいですね。

     

    みずみずしいコリコリ食感!サラダやあえ物に

    水でさっと戻した切り干し大根を、海藻や野菜とあえてお手軽なサラダに。コリコリの食感をいかして、酢の物仕立てにしたり、しっかり味のドレッシングであえれば、思わず箸が伸びる一品になります。

    「切り干し大根とわかめのピリ辛サラダ」
    https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/137810

     

    食べごたえとボリュームが満点!手軽でヘルシーなメインおかず

    ねばねばの納豆にコリコリした歯ざわりの切り干し大根を混ぜ、はんぺんに詰めて焼き上げました。しょうが醤油をつけて、いただきます。朝からでも作れるくらい簡単ですが、食べごたえとボリュームが満点! 食物繊維もしっかりとれる、うれしい一品です。

    はんぺんの納豆はさみ焼き
    https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/120476

     

    うまみ丸ごと!戻さずそのまま炊き込みご飯

    噛みしめるたび切り干し大根のうまみが広がる、簡単おいしい炊き込みご飯です。お米の吸水と同時に切り干し大根も戻してしまうので、具材を入れたら炊き込むだけ。柚子こしょうの華やかな香りで、ごちそう感もバッチリ♪

    ツナと切干大根の柚子こしょう炊き込みご飯
    https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/135153

     

    サクサク感と味わいがやみつき!シンプルな素揚げに

    さっと水で洗った切り干し大根をシンプルに素揚げしただけのおつまみ風レシピ。香ばしい桜えびをアクセントにすることで、切り干し大根の甘みとうまみがより引き立ちます。お好みでお塩や山椒などを振ってお召し上がりくださいね。

    切り干し大根と桜えびの素揚げ
    https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/146400

     

    栄養まるごと!満足感いっぱいのヘルシーメインおかずに

    切り干し大根は戻さず、豆腐と鶏ひき肉で作ったタネに混ぜ込み、ハンバーグにします。味付けは味噌だけですが、切り干し大根とひじきのうまみと甘み、豆腐のコクがあるので驚くほどのおいしさ。包丁いらずで作れて冷めてもおいしい、満足感いっぱいのメインおかずです。

    切り干し大根入り豆腐ハンバーグ
    https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/146399

     

    おいしいけれど…食べ過ぎには注意!

    とても使いやすくて、うまみもいっぱいの切り干し大根ですが、食べ過ぎは禁物です。

    切り干し大根は干してある分、お腹の中で膨れる上、食物繊維が多いため、消化にも時間がかかります。また、低カロリーですが糖質を多く含むため、「ヘルシーだから!」といって一度にたくさん食べるのはおすすめできません。

    少量から手軽に使えるので、毎日少しずつ、継続的においしく食べたいですね。噛みしめるたびに味わい深い切り干し大根。ぜひじっくり長く、おいしく楽しめるようにしましょう!

     

    関連コラム
    「のどが痛い…」に効果的!大根やレモン、生姜で作る「のどケア」レシピ
    大根がほっくほくの「フライドポテト」に!?フライパンで作るフライド大根
    【覚えておくと便利!】ひじきや切干し大根、乾物を水で戻したときの重さ(グラム)の目

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    108

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    このコラムを書いたArtist

    庭乃桃
    • Artist

    庭乃桃

    • 女子栄養大学食生活指導士

    料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士 / フードライター どこの国のお料理でも、 しみじみとおいしいものが好きです。 ○旬の食材、季節感を大切にしたおかず ○ひと鍋で作れる欧風家庭料理 ○簡単エスニック などを作っています。 企業向けレシピの開発や 食関連の書籍・コラムの執筆、 翻訳、講演など活動中。

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History