レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

夏野菜DAISUKI!うちのドライカレー

主食

夏野菜DAISUKI!うちのドライカレー
  • 投稿日2022/08/12

  • 調理時間45

お気に入りに追加

128

たくさんの夏野菜をペロッと食べれちゃうドライカレーです。 少々手間ですが、野菜は素揚げをすることで茄子はトロッとたまらない食感になり、ピーマンといんげんはやさしい甘味がでて美味しくなります。 調味料は、カレー粉と粗塩の2つだけ。 シンプルな調味料と揚げ野菜の食感とひき肉の旨味が合わさり満足感のある一皿です。

材料4人分

  • なす
    8個(約640g)
  • 豚ひき肉
    300g
  • ピーマン
    5個(約200g)
  • さやいんげん
    10本(約50g)
  • 玉ねぎ
    1/2個(約100g)
  • トマトの水煮缶
    200g
  • にんにく
    20g
  • しょうが
    30g
  • カレー粉
    大さじ 1
  • 粗塩
    小さじ 11/2
  • 温かいご飯
    適宜
  • 揚げ油
    適量

作り方

ポイント

・揚げ焼きにしたいところですが、野菜は素揚げしてください。茄子の美味しさに差が出ます。 ・粗塩は、天然塩や自然塩とうたわれ精製度の低い しっとりとしたまろやかな味わいの塩です。スーパーなどで購入することができます。 ・塩で作る場合は、塩味が粗塩より強いので、材料の分量を小さじ1にして入れ、揚げ野菜を入れ混ぜ合わせたら味をみて塩味が足らなければ、ひとつまみ足してください。

  • 玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  • 1

    なすはへたを切り、縦に4等分に切って横にして一口大の大きさに切る。

    工程写真
  • 2

    ピーマンは縦半分に切り、へたと種を取って縦4等分に切る。横にして半分に切る。

    工程写真
  • 3

    さやいんげんはへたを切り、一口大の大きさに切る。

    工程写真
  • 4

    鍋に揚げ油を入れ中温に熱する。 野菜の水分で揚げ油が跳ねるため、ペーパータオル(ふきん)で野菜についている水分を取ってから鍋に入れる。

    工程写真
  • 5

    なすを揚げ、うすく揚げ色がついたらざるに取り出し油を切る。続けてさやいんげんも同様に揚げざるに取り出す。

    工程写真
  • 6

    ピーマンは10秒程揚げざるに取り出し油を切る。

    工程写真
  • 7

    フライパンにサラダ油(分量外)を入れ中火で熱し、にんにく、しょうがを炒め香りがしてきたら玉ねぎを入れ炒める。玉ねぎが透き通るまで炒める。

    工程写真
  • 8

    豚ひき肉を入れ、ほぐしながら炒める。肉の色が変わり油が出てくるまで炒める。

    工程写真
  • 9

    玉ねぎが透き通ったら、トマトの水煮缶を入れ水分を飛ばすように混ぜながら炒め合わせる。(フライパンの底を木べらでこすって底が3秒ほどみえるまで)

    工程写真
  • 10

    カレー粉、粗塩を加え混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 11

    揚げ野菜を加えひと混ぜする。強火にして水分を飛ばすように5分程炒め合わせる。器に温かいご飯を盛り、カレーをのせる。

    工程写真
レシピID

442697

「なす」の基礎

「ピーマン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

森口 ゆり子
Artist

森口 ゆり子

フードコーディネーター/料理家 夫、小学生の息子2人の4人家族。 食べ継がれてきた家庭料理を基本に、食養生の考えを取り入れ、旬の食材や農産物を使った体にやさしく作りやすいレシピを心がけています。 【資格】 FCAJ認定フードコーディネーター3級 食生活アドバイザー 発酵食品ソムリエ

「料理家」という働き方 Artist History