レシピサイトNadia
    デザート

    イタリア発!ココナッツミルク de パンナコッタ

    • 投稿日2020/07/27

    • 更新日2020/07/27

    • 調理時間5(作業時間 (冷やし固める時間は除く) )

    お気に入り

    116

    パンナコッタとは、イタリア語で『白く固まったもの』を意味します。夏の暑い時期にはしっかりと冷やして、フルーツと共にいただきたいイタリアの定番ドルチェのひとつです。

    材料5人分

    • A
      ココナッツミルク
      200ml
    • A
      牛乳
      200ml
    • A
      生クリーム
      50ml
    • A
      砂糖
      60g
    • 板ゼラチン
      4g
    • 季節のフルーツ
      適量

    作り方

    ポイント

    板ゼラチンは粉ゼラチンよりも質感よく仕上がりますので、コツさえ掴めるとかなりお勧めです。ポイントはふたつ! 冷水で戻した板ゼラチンの水分をしっかりと拭き取ること。ゼラチンは50度から60度の液体に溶けやすい性質を持つのと、70度以上だときちんと固まらなくなりますので、しっかりと粗熱を取ってから加えることです。贅沢をいえば、シノアで漉したら完璧ですが、ご家庭用はそこまでしなくてももちろん大丈夫です。

    • 板ゼラチンはたっぷりの冷水で戻し、キッチンペーパーなどで水気をしっかりと取っておく。

      工程写真
    • 1

      小鍋にA ココナッツミルク200ml、牛乳200ml、生クリーム50ml、砂糖60gを入れ、ゴムベラで砂糖を溶かしながら、周囲にふつふつと小さな泡が出てきたら火から下ろす。

      工程写真
    • 2

      粗熱をとり、水気をしっかり取った板ゼラチンを入れ、しっかりと溶かす。

      工程写真
    • 3

      器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

    • 4

      季節のフルーツを添えていただく。

      工程写真
    レシピID

    395649

    質問

    作ってみた!

    こんな「パンナコッタ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「生クリーム」の基礎

    「ゼラチン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Tsugumi
    • Artist

    Tsugumi

    日系航空会社の国内&国際線に12年間乗務しながら 各国の美味しい食文化に触れる。 休職留学制度を利用し、フィレンツェへ留学。 イタリア語とともにイタリア料理を習う。 イタリア料理以外にも、ヴェトナム料理、懐石料理を学ぶ。 2008年に退社後、イタリア、ローマへ。 ローマシェラトン内の料理教室でイタリア人に和食を教えるも 妊娠を機に専業主婦となる。 娘を全日制の日本人学校幼稚園に入れると そこで知り合った大使館や駐在の奥様より イタリア料理を教えて欲しいとの要望をいただき 2014年より自宅で料理教室を始めることに。 旬の素材を用いて、簡単に美味しくいただけるものをメインに 視覚からも2度美味しい、オリジナルレシピを紹介している。 2021年にはイタリアの料理対決番組に出演し、勝利。 イタリア人の有名シェフに日本人らしい繊細な料理を評価される。 ⭐︎得意料理は旬の野菜を用いたもの&創作料理⭐︎ Nadiaでは出来るだけ時間のかからないシンプルで簡単な料理を ご紹介していきます。イタリアンを中心に、それだけにはとどまらない 現地で出会った世界各国の美味しいレシピを 再現していけたらと思っています。

    「料理家」という働き方 Artist History