レシピサイトNadia
    主食

    PR:キッコーマン食品株式会社

    【なすと豚肉の冷やし麺】ボリュームと栄養たっぷり♪

    • 投稿日2024/06/17

    • 更新日2024/06/17

    • 調理時間15

    なすと豚バラ肉をのせた、ボリュームと栄養たっぷりの冷やし麺。 豚バラ肉と「キッコーマン 大豆麺 細麺」でしっかりとたんぱく質をとることができます! 夏の食欲が落ちた時、逆にがっつり食べたい時にもおすすめです。

    材料1人分

    • キッコーマン 大豆麺 細麺
      1人前(62g)
    • なす
      1本
    • 玉ねぎ
      1/4個
    • 青じそ
      2枚
    • みょうが
      1本
    • 豚バラ肉(薄切り)
      60g
    • ごま油
      小さじ1
    • A
      100ml
    • A
      めんつゆ
      大さじ2(4倍濃縮)
    • A
      しょうゆ
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ※なすにさらす塩水は水100ml、塩小さじ1/2で5分程さらしてください。 ※めんつゆは4倍濃縮の「キッコーマン 濃いだし本つゆ」を使用しました。

    • 1

      「キッコーマン 大豆麺 細麺」をゆでる。鍋に水800ml以上を入れて沸騰させ、麺を入れて6分ゆでる(またはプラスチック製の耐熱容器(1000ml以上)に麺を入れ、水400mlを加えてラップをせずに電子レンジ(600W)で7分30秒加熱する)。ゆで上がったらたっぷりの冷水で冷やし、しっかりと水気をきる。

      工程写真
    • 2

      なすは小さめの乱切りにし、塩水にさらして水気をきる。 玉ねぎは薄切りにする。 青じそ、みょうがはせん切りにする。 豚バラ肉(薄切り)は食べやすい大きさに切る。

      工程写真
    • 3

      フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉を入れて炒める。豚肉の色が変わったら、なす、玉ねぎを加えてさらに炒める。

      工程写真
    • 4

      なすに火が通ったら、A 水100ml、めんつゆ大さじ2、しょうゆ小さじ1を加えて2分程煮て、火を止めて冷ます。

      工程写真
    • 5

      大豆麺を器に盛りつけ、4をかけて青じそ、みょうがを飾る。

      工程写真
    レシピID

    483737

    質問

    作ってみた!

    こんな「冷たい麺」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「なす」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    はらしおり
    • Artist

    はらしおり

    料理研究家

    • フードコーディネーター
    • J.S.A.ワインエキスパート

    歳を重ねると美容や健康が気になる。 でも、あまり手をかけずともおしゃれで健康的でおいしい食事がいい! 忙しく過ごす毎日、無理なく作れる、そんなレシピを心がけています。 見やすい動画もぜひご覧ください。 ≪資格≫ 日本ソムリエ協会 J.S.A.ワインエキスパート 日本フードコーディネート協会 フードコーディネーター1級 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー2級 日本中医食養学会 薬膳アドバイザー ≪受賞≫ ・コウケンテツさんの料理に合うスイーツのレシピコンテスト「三井製糖賞」 ・「Nadiaベスト動画賞」 ・フジッコ蒸し豆で簡単アレンジレシピコンテスト「フジッコ賞」 ・「Nadiaベストヒット賞」 ≪ブログ・ウェブサイトURL≫ https://lit.link/shiorihara ≪書籍掲載≫ ・フリーペーパー雑誌「ぽるたーた(2020年12月号)」にレシピ14品掲載 「Nadia Magazine 」vol.02,04,05,07にレシピ掲載 ≪レシピ開発≫ ・マルトモ株式会社様 ・東海漬物株式会社様 ・タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社様 ・キッコーマン食品株式会社様 ・マルハニチロ株式会社様 ・モンマルシェ株式会社様 ・株式会社明治様 ・三菱電機様 ・株式会社ぐるなび様 ≪企業様HPレシピ掲載≫ ・ヤマサ醤油株式会社様 ・タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社様 ・フジッコ株式会社様 ≪PR案件≫ ・日本ハム株式会社様、山田園茶舗様、株式会社吉野家様、日東紡績株式会社様、アヲハタ株式会社様

    「料理家」という働き方 Artist History