レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ラムレーズンのニューヨークチーズケーキ

デザート

ラムレーズンのニューヨークチーズケーキ
  • 投稿日2019/03/18

  • 調理時間60(余熱で火を通す時間、冷蔵庫で冷やす時間を除く)

ラムレーズンをたっぷりと加えた大人味のチーズケーキ。 湯せん焼きにして作るニューヨークチーズケーキはしっとりと仕上がります。

材料6人分直径15㎝の底が取れる丸形1台分

  • グラハムビスケット
    70g
  • 無塩バター
    30g
  • A
    レーズン
    50g
  • A
    ラム酒
    大さじ1
  • クリームチーズ
    200g
  • グラニュー糖
    60g
  • サワークリーム
    100g
  • 生クリーム(乳脂肪36%)
    100ml
  • 1個
  • レモン果汁
    大さじ1/2
  • コーンスターチ
    10g

作り方

ポイント

オイルコーティングされているレーズンを使用する場合は、ラム酒に漬ける前にお湯に10分ほどつけてからよく水気を切って使用します。ラム酒はダークラムを使用するのがおすすめです。

  • クリームチーズは室温に戻しておく。 丸形の外側をアルミホイルで包み、水が入らないようにする。 湯せん用のお湯を沸かしておく。

  • 1

    A レーズン50g、ラム酒大さじ1を混ぜ合わせて10分以上おき、ラムレーズンを作る。

  • 2

    グラハムビスケットを袋に入れて、綿棒で袋の上からたたいて細かく砕く。 無塩バターを耐熱皿に入れて、電子レンジ600Wで約40秒加熱して溶かす。

  • 3

    溶かしたバターを砕いたビスケットに加えて袋の上から手でもみ込む。 丸形に入れて、ぎゅっと押さえて平らにならす。

  • 4

    オーブンを170度に予熱する。 クリームチーズをボウルに入れて、泡だて器でなめらかになるまで混ぜる。 グラニュー糖を加えて砂糖のザラザラ感がなくなるまで、更にすり混ぜる。

  • 5

    サワークリーム、生クリーム(乳脂肪36%)、卵、レモン果汁を順番に加えてその都度よく混ぜ合わせる。 きれいに混ざれば、コーンスターチを茶こしで振り入れて加えて混ぜる。

  • 6

    1のラムレーズンを漬け汁ごと加えて軽く混ぜあわせて、3の丸形に流し入れる。 ケーキ型が入る大きさのバットに丸形を入れて、沸かした湯を1/3程度そそぐ。 170度に温めたオーブンで40~45分焼く。 オーブンに入れたまま約1時間おき、余熱で火を通す。

  • 7

    オーブンから取り出して冷めたら冷蔵庫で冷やし、型から取り出して切り分けていただく。

レシピID

373467

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

チーズケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

松井さゆり
Artist

松井さゆり

フードコーディネーター いつもの食卓に+Oneのアイデアを!料理の基本を大切に。添加物はなるべく使わない身体にやさしい食事がモットー。旬の野菜をたっぷり使用した毎日のごはんやおうちで簡単に作れるスイーツレシピをご紹介しています。 ◆レシピ開発 ◆コラム執筆 ◆フードスタイリング ◆料理教室 ♦経歴♦ 大阪出身 レコールバンタンフードコーディネーターコース卒業 *イタリアンレストランにてキッチンスタッフ・ホールスタッフとして勤務 *フードコーディネーター事務所に勤務・企業様のメニュー考案、撮影などに携わる *料理教室講師 ♦資格♦ *FCAJフードコーディネーター2級(食の商品開発) *だしソムリエ *発酵食エキスパート *jr野菜ソムリエ *JSAアイシングクッキー認定講師 *食品衛生責任者 ◆受賞歴◆ *2018年 Nadia【コラム賞】受賞 *2019年 レシピブログ「フーディストアワード2019」ホットケーキミックス部門【レシピ賞】受賞 *2020年 E・レシピ【秋のキノコレシピコンテスト】優秀賞受賞

「料理家」という働き方 Artist History